脱毛の事前準備とは

これから脱毛を行う人にとっては何もかもが初めてのことで、分からないことがたくさんあるのではないでしょうか。

 

今回は少しでも脱毛に対して分からないことを減らし、不安を取り除いてもらうためにも、脱毛における事前準備についてお話します。

 

脱毛における事前準備とはムダ毛の自己処理のことをいいます。
ここでは、なぜ脱毛前にムダ毛の自己処理が必要なのか、そしてどのような自己処理が適切なのかご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 


剃り残しがあると施術お断りって本当!?

脱毛サロンによって大きく違う脱毛前の剃り残し対応を知らないと大損する

すでに周りの友人や知り合いが脱毛を経験しており、聞いたことがあると言う人もいるかもしれませんが、脱毛を行う前に必ずと言っていいほど各サロンから事前にムダ毛の処理をしてくるように指示があります。

 

そしてその指示に従わず、自己処理をせずに脱毛サロンやクリニックに向かい、施術を断られたという人も少なくありません。
せっかく予約をして時間を作って店舗に行ったのにも関わらず、脱毛をしてもらうことができなかったなんて、絶対に避けたいことです。

 

そこで、施術をお断りされないためにもしっかりと事前に自己処理を行い、剃り残しがないように注意しておく必要があります。

 

どこまで処理が必要なの?

自己処理が必要、剃り残しはダメだと先ほどから繰り返していますが、一体どこまでのムダ毛処理が必要なのかと言うと、多くの脱毛サロンでは2mm以下の短さにすることを目安にしています。

 

2mm以下にするためには、前日の夜には処理しておく必要がありますが、ムダ毛の生えるペースは個人差があり、部位によっても違いがあります。
生えるスピードが早い人や、脇の下などムダ毛が密集している部位は、すぐに伸びてきてしまうので脱毛当日にきれいに処理する人も少なくありません。

 

自分が思っている以上にムダ毛の伸びるスピードは早いので、脱毛当日に2mm以上になってしまい剃り残しと判断され、追加料金や施術を断られる可能性を少しでも減らすように注意しておきましょう。

 

また、自己処理を当日に行うと確実にムダ毛を短くすることはできますが、肌が敏感な人は肌荒れを起こしてしまう可能性もあります。
決して無理をせず、肌を傷つけないように優しく自己処理をすることを意識しましょう。

 

参考:アトピーや敏感肌・乾燥肌の人が脱毛を受けるときの注意点

 

脱毛部位、伸びるスピード、肌の状態を考えた上で自己処理をしてください。

 

不安な方は脱毛スタッフに事前に相談すると、適切なアドバイスをしてくれますので、不安にならずに済みます。

 

ムダ毛処理が必要な理由とは?

脱毛サロンによって大きく違う脱毛前の剃り残し対応を知らないと大損する

そもそも、なぜ脱毛前にムダ毛の処理が必要なのかと言うと、大きく分けて2つの理由があります。

 

  1. 脱毛効果を高める

    ムダ毛が延びている状態のまま脱毛を行ってしまうと、広範囲に光が反応してしまい、一ヶ所に集中して脱毛を行えないことから脱毛効果が低くなってしまう可能性があります。

  2.  

  3. 脱毛による肌トラブルを避ける

    ムダ毛が長いことで、本来反応しなくてもよい部分にまで光が反応してしまい、ひどい場合は火傷を負ってしまう可能性があります。
    また、広範囲になることで痛みも感じやすくなるため、ムダ毛の長さは短くしておく必要があります。

     

    参考:脱毛時にどのようなトラブルが起こり得る?

 

以上のことから、脱毛前には必ず剃り残しのないようにムダ毛の自己処理を行っておきましょう。


各サロンでの剃り残し対応はどうなっている?

ここでは大手脱毛サロンである、キレイモ、銀座カラー、ミュゼ、コロリー、シースリー、恋肌(旧:ラヴォーグ)、脱毛ラボの剃り残し対応について紹介していきます。

 

まず、上記店舗で脱毛を考えている方は、事前に剃り残しがあった場合の対応を把握しておくことをおすすめします。

 

剃り残しがあった場合に施術をお断りしている店舗は、銀座カラー、シースリー、ミュゼ、コロリーで、意外にも多くの店舗で剃り残しがあった場合に施術NGだということがわかりました。

 

この事実を知ってしまうと、急に脱毛に対して不安に思う方も少なくないと思いますが、大丈夫です!安心してください。

 

NGなのは全くムダ毛の処理がされていない場合のみで、多少の剃り残しや手の届かない部分のムダ毛処理については、各店舗で対応してくれますので心配いりません。
具体的にどのような剃り残し対応があるのか見てみましょう。

 

銀座カラー

手が届かない部分の剃り残しは無料ですが、全く処理が行われていない部分の施術はお断りされます。

 

また、処理をお願いするときにはシェーバーの持参が必須ですので、忘れずに持っていきましょう。

 

銀座カラーの詳細ページはこちら>>

 

シースリー

基本的に剃り残しのシェービングは全身無料ですが、顔とVIOのシェービングには銀座カラーと同様に電気シェーバーの持参が必要です。

 

もし持っていくのを忘れた場合は、剃り残し部分を避けて脱毛するか、脱毛を断られる可能性があります。

 

シースリーの詳細ページはこちら>>

 

ミュゼ、コロリー

脱毛サロンによって大きく違う脱毛前の剃り残し対応を知らないと大損する

襟足、背中、ヒップ奥のみシェービングをしてもらえます。

 

それ以外の部位に剃り残しがある場合は施術を断られます。

 

ミュゼの詳細ページはこちら>>
コロリーの詳細ページはこちら>>

 

この4店舗は、あくまで剃り残しがあった場合やシェーバーを忘れてしまった時に施術を断られる可能性があるだけで、シェービング料金は発生しない店舗です。

 

一方、キレイモ、ラヴォーク、脱毛ラボの3店舗では、剃り残しがあった場合追加料金が発生する可能性がありますので、各店舗のシェービング料金や剃り残し対応を把握しておき、少しでもムダなお金を払わないように注意しましょう。

 

キレイモ

脱毛サロンによって大きく違う脱毛前の剃り残し対応を知らないと大損する

回数パックと月額定額プランがありますが、回数パックのみシェービングが無料です。

 

月額定額プランの場合はその都度1000円のシェービング料金が発生します。

 

キレイモの詳細ページはこちら>>

 

恋肌(旧:ラヴォーグ)

脱毛サロンによって大きく違う脱毛前の剃り残し対応を知らないと大損する

恋肌にも回数制と月額制があり、剃り残しがあった場合の回数制では1箇所800円の料金が発生します。

 

月額制では剃り残しがあった場合シェービングすらしてもらえず、剃り残しがあった箇所を避けて脱毛を行います。

 

恋肌(旧:ラヴォーグ)の詳細ページはこちら>>

 

脱毛ラボ

シェービング代は基本1,000円です。

 

ただし、顔とVIOの剃り残しがあった場合1,000円にプラス500円が加算され、1,500円の料金が発生します。

 

脱毛ラボの詳細ページはこちら>>

 

これら3店舗で脱毛を行う前には、自分で完璧だと思う位しっかりと、自己処理を行う必要があります。

 

これでいいや、このくらいなら大丈夫だろうと過信して脱毛に向かうと、ムダなシェービング代が発生し、結果的に脱毛費用よりもシェービング代の方が高くついてしまったというようなことに成りかねませんので、気合いをいれて自己処理を行うようにしましょう。

 

脱毛前にはムダ毛処理が非常に大切な役割を果たす

各、有名脱毛店舗の剃り残し対応と費用について紹介しましたが、シェービング代だけの問題ではなく、ムダ毛の剃り残しが脱毛効果や肌へ影響を与えることを忘れずに、しっかりと脱毛前の自己処理を行うようにしましょう。

 

たしかにムダなシェービング代が発生するのは避けたいことですが、それ以前にきれいな肌を作るための脱毛を邪魔するものが、ムダ毛の剃り残しだということを覚えておいてくださいね。

 

 

脱毛サロンQ&Aの関連記事

脱毛サロンはばっくれ禁物!当日キャンセルの厳しいルールとドタキャンのペナルティ

妊娠すると脱毛できない?脱毛サロンへの連絡方法や休会・返金制度について

知ると怖い?脱毛サロンの裏事情!勧誘の実態と上手な断り方

即日脱毛できる脱毛サロンはあるのか?今日脱毛する際の注意点とは

脱毛サロンによって大きく違う脱毛前の剃り残し対応を知らないと大損する

脱毛サロンと脱毛器の併用が急増!そのメリットとデメリット

脱毛前日と施術当日はどんな点に注意すればいいの?

脱毛サロンに行く前の注意事項を守れないと脱毛してもらえません!

未成年が脱毛サロンに通うためには親の同意書と電話確認が必須?

要注意!脱毛サロンの有効期限を知らないと期限切れで大損してしまう

予約が取りやすい脱毛サロンと予約が取れないところの違いと簡単予約方法リスト

脱毛サロンを乗り換えと得するのはどんな人?損するのはこんな人

脱毛サロンの初回カウンセリングの持ち物リスト|当日の内容や聞くことも準備

脱毛当日の流れと施術前と施術後に脱毛サロンから出る注意事項

生理前、生理中は脱毛できる?終わりかけでもキャンセル?脱毛サロンの対応まとめ

ママにおすすめの子連れでいける託児所付きの脱毛サロンはあるのか?

脱毛サロンはどのくらいの頻度で通えばいいの?あけすぎないベストな間隔が早く脱毛効果を実感する秘訣

転勤や転校や引越しで脱毛サロンに通えなくなったときに必要な手続きまとめ

脱毛サロンの契約をクーリングオフするときの正しい手順

脱毛サロンがまさかの倒産!?そんな時どうすればいいのか損をしない対処法を教えます

結婚式直前!ブライダル脱毛はいつから始めると一番美しくウェディングドレスを着れるのか

介護脱毛が注目?40代〜50代女性の多くがVIO脱毛で老後の備えを始めている

 

脱毛サロンによって大きく違う脱毛前の剃り残し対応を知らないと大損する

 


全身脱毛が安い人気脱毛サロンの月額と最新キャンペーン比較表はこちらでチェック>>