妊娠すると脱毛できないって本当?なんで?

妊娠中には、女性ホルモンのひとつであるプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が増えます。
これは、子宮内膜を厚くして赤ちゃんを守るために起こる現象ですが、プロゲステロンの作用はそれに留まらず、体毛の成長を促す作用もあります。

 

つまり、妊娠によって毛深くなるのは、このプロゲステロンの仕業であるということです。
プロゲステロンの分泌量が増えると、それに伴い毛周期も乱れますので、この時期に脱毛を受けて一旦は完了させたとしても、すぐに新しいムダ毛が出現してくることが考えられます。

 

また、脱毛サロンの光脱毛はレーザー脱毛よりもお肌への刺激が弱いといわれてはいますが、それでもお肌が受ける刺激がまったくないということではありませんので、お肌が敏感になっている妊娠中には、避けることがベストだということがわかります。

 

さらに、脱毛による施術中にお肌が刺激を受けると、その刺激によって子宮が収縮することも考えられ、このようなときに緊急事態が発生したら脱毛サロンでは対応することができません。

 

特に妊娠初期の場合では、つわりや急激なめまいなどの体調不良が起こりやすい時期ですので、このような時期に無理に脱毛を受けたら、それらを悪化させることも考えられます。
以上が、妊娠中に脱毛を受けることができない理由です。

 


妊娠に気づいたらまず「妊娠連絡」を入れて!手続き方法のご紹介

脱毛途中で妊娠に気付いたのであれば、まずはその時点で脱毛サロンに妊娠連絡を入れましょう。

 

その後の手続きは各脱毛サロンによって異なりますが、まず妊娠連絡を入れるという部分はどのサロンでも共通です。

 

妊娠連絡後には各脱毛サロンの既定に従い手続きする必要があり、その方法は以下のように分類されています。

 

期限、回数無制限コース

期限や回数無制限のコースを契約している場合には、電話による妊娠連絡のみでOKとなることがほとんどです。
ただし、その際には必ず妊娠による中断であるということを告げておきましょう。

 

参考:全身脱毛で回数無制限の通い放題コースがある脱毛サロン|仕組みや料金相場などまとめ

 

月額制コース

月額制では、脱毛サロンに通う、通わないにかかわらず、毎月自動的に一定額の支払いが発生するコースですので、妊娠がわかった時点で直ちに脱毛サロンへ電話連絡を入れ、妊娠休会希望の旨を告げておきましょう。
これを忘れてしまうと、脱毛そのものを中断しているのにも関わらず、自動引き落としで脱毛料金が引き落とされてしまうことになります。

 

一方で、脱毛サロンが提携している信販会社による分割払いとなっている場合では、信販会社の規定に準じて毎月一定額の支払い義務が生じます。
この場合でも、まずは脱毛サロンに妊娠連絡を入れておく必要がありますが、信販会社との契約となっていますので、施術を中断することはできても支払いをストップさせることはできません。

 

参考:全身脱毛の月額制はローンなの?月額のメリットとデメリットを比較する

 

※どちらの支払い方法を利用しているか分からない方は「月額制2つの支払い方法に要注意」に各サロンの支払い方法が記載されていますので確認してみてください。

 

ですが、妊娠は止むを得ない事情ですので、これによって有効期限の延長が適用されるはずです。
この部分について脱毛サロンの規定に準じなければなりませんので、脱毛サロンに相談して、どれくらいの期間の延長が可能なのか確認しておきましょう。

 

参考:要注意!脱毛サロンの有効期限を知らないと期限切れで大損してしまう

 

回数制コース

6回、12回というように回数を区切って契約している場合には、2年で消化、3年で消化というように、有効期限が定められています。
この契約の場合では、妊娠連絡を入れておくことにより、半年間延長、1年間延長というように、延長が可能になります。

 

また、脱毛サロンによっては○○年以内に回数を消化する必要があるというように、延長期限に制限が設けられていることもありますので、この部分については脱毛サロンに直接確認してみて下さい。

 

参考:全身脱毛の回数制パックコースは月額制よりお得って本当?メリットとデメリットなどまとめ

 

都度払いコース

都度払いは特に契約をする必要がないコースですので、妊娠連絡を入れる必要はありません。
ただし、中断中に脱毛サロンから電話連絡が入る可能性が考えられますので、電話をストップしたいのであれば妊娠連絡を入れておくことをおすすめします。

 

参考:全身脱毛は都度払いだとコスパが悪い?メリットやデメリットと具体的な支払い方法まで


中断する場合はどうするの?妊娠返金ってアリ?

妊娠すると脱毛できない?脱毛サロンへの連絡方法や休会・返金制度について

妊娠休会は中途半端だから、いっそのこと解約してしまいたい。
このようにお考えの場合には、脱毛サロンによって解約に関する規定が異なりますので、十分に注意しなければなりません。

 

  1. 契約金額の10%程度の解約手数料が発生する
  2. 契約金額を問わず一律の解約手数料が発生する

これらの2パターンがあります。

 

また、解約方法は脱毛サロンによって異なり、コールセンターへ連絡を入れたのちに契約店舗で解約手続きをする、コールセンターへの電話連絡のみで解約が成立する、本部から解約申請書を取り寄せて必要事項を記入した上で返送する、といったパターンがあります。
いずれのパターンであっても、解約手数料を引いた金額が返金されますが、脱毛を再開する予定があるのであれば、なるべく解約しない方がお得でしょう。
参考:返金額と解約手数料について

 

どの脱毛サロンであっても、妊娠だけを対象とした妊娠返金という制度は導入されていませんので、まずはどれくらいの妊娠休会期間が必要なのかじっくりと考え、解約はしない方向で計画の立て直しを行ってみると良いでしょう。
脱毛再開の基準は脱毛サロンによって異なりますが、出産後に生理が再開したタイミングで再開可能、授乳後2〜3カ月後に再開可能となっていることが多くなっています。

 

参考:産後の脱毛サロンはいつから通える?帝王切開や断乳が終わってない人はも同じタイミングで再開していいの?

 

脱毛途中で妊娠に気付くと、解約しなくてはならない?と慌ててしまうかもしれません。

 

ですが、ほとんどの脱毛サロンでは有効期限の延長制度が導入されていますので、まずは慌てずに妊娠連絡を入れ、妊娠休会という方向で考えてみると良いでしょう。

 

 

脱毛サロンQ&Aの関連記事

脱毛サロンはばっくれ禁物!当日キャンセルの厳しいルールとドタキャンのペナルティ

妊娠すると脱毛できない?脱毛サロンへの連絡方法や休会・返金制度について

知ると怖い?脱毛サロンの裏事情!勧誘の実態と上手な断り方

即日脱毛できる脱毛サロンはあるのか?今日脱毛する際の注意点とは

脱毛サロンによって大きく違う脱毛前の剃り残し対応を知らないと大損する

脱毛サロンと脱毛器の併用が急増!そのメリットとデメリット

脱毛前日と施術当日はどんな点に注意すればいいの?

脱毛サロンに行く前の注意事項を守れないと脱毛してもらえません!

未成年が脱毛サロンに通うためには親の同意書と電話確認が必須?

要注意!脱毛サロンの有効期限を知らないと期限切れで大損してしまう

予約が取りやすい脱毛サロンと予約が取れないところの違いと簡単予約方法リスト

脱毛サロンを乗り換えと得するのはどんな人?損するのはこんな人

脱毛サロンの初回カウンセリングの持ち物リスト|当日の内容や聞くことも準備

脱毛当日の流れと施術前と施術後に脱毛サロンから出る注意事項

生理前、生理中は脱毛できる?終わりかけでもキャンセル?脱毛サロンの対応まとめ

ママにおすすめの子連れでいける託児所付きの脱毛サロンはあるのか?

脱毛サロンはどのくらいの頻度で通えばいいの?あけすぎないベストな間隔が早く脱毛効果を実感する秘訣

転勤や転校や引越しで脱毛サロンに通えなくなったときに必要な手続きまとめ

脱毛サロンの契約をクーリングオフするときの正しい手順

脱毛サロンがまさかの倒産!?そんな時どうすればいいのか損をしない対処法を教えます

結婚式直前!ブライダル脱毛はいつから始めると一番美しくウェディングドレスを着れるのか

介護脱毛が注目?40代〜50代女性の多くがVIO脱毛で老後の備えを始めている

 

妊娠すると脱毛できない?脱毛サロンへの連絡方法や休会・返金制度について

 


全身脱毛が安い人気脱毛サロンの月額と最新キャンペーン比較表はこちらでチェック>>