未成年者は脱毛サロンに通える?

成人同様、未成年者も脱毛サロンに通うことができます。
思春期前後になるとムダ毛が生えてくる人が増え、さらにその生え方には個人差があります。
体育や水泳の授業、修学旅行や合宿などの行事が多くなる年頃にもなりますので、ムダ毛処理をしたいという気持ちの芽生えは自然なものだといえるでしょう。

 

脱毛にかかる費用を払えるのであれば、親の同伴なしで脱毛サロンに通うことは可能ですが、成人と未成年では当然のことながら契約手続きなどに違いが出てきます。
成人ならば自分だけで契約ができますが、未成年はそうすることができないのです。

 

こちらでは、未成年が脱毛サロンに通うために必要な手続きなどについてお話ししていきます。

 


未成年者が脱毛サロンに通うために必要な手続きについて

未成年が通う脱毛サロンは、契約において一般的に以下のように分類されます。

  1. 親権者の同伴が必要なサロン
  2. 親権者の同意書があれば契約できるサロン
  3. 親権者同意書と電話確認が必要なサロン

どのパターンであっても、親権者の同意書が必要で、親権者の同意書なしに契約することはできません。

 

同意書を公式サイトからダウンロードし親権者が記入して持参するところが多いですが、中には初回カウンセリング時に親権者に同意書が渡されるところもあります。
自宅にパソコンがない・ダウンロードできない・印刷できないなどの場合は、サロンで用紙をもらったり、親権者が直接サロンに出向いて記入することも可能です。

 

同意書の書き方については、必ず親権者本人の直筆であることと、印鑑が必要となることを知っておきましょう。
正しく記入された同意書があれば、親権者が同伴していなくても初回カウンセリング時に契約ができるサロンもあります。

 

また未成年者の定義として、何歳からでも受けられるというサロンもあれば、16歳以上や中学生以上という条件を設けているサロンもあります。
年齢条件に引っかかってしまうと、たとえ親権者の同意書があっても脱毛サロンに通うことができませんので気をつけてください。

 

参考:中高生の全身脱毛って早くない?

 

各脱毛サロンの親権者同意書のダウンロードはこちら
キレイモ https://kireimo.jp/img/minor/acceptance.pdf
銀座カラー https://ginza-calla.jp/wp-content/themes/calla_pc/resource/faq/consent.pdf
ミュゼ https://musee-pla.com/agreement/
コロリー https://colo-ree.com/agreement/
シースリー http://c-3-esthe.com/img/miseinendoui.pdf
恋肌(旧:ラ・ヴォーグ) http://www.la-vogue-epi.jp/docs/miseinen_douisyo_201407.pdf
脱毛ラボ https://datsumo-labo.jp/img/common/agreement.pdf

参考:全身脱毛は学割でお得に!学生が安く通える脱毛サロン4選


親にバレたくない!カウンセリングに親を同伴しなくてもいい?

未成年者が親にバレずに脱毛したいと思っても、知られずに通うことはできません。
契約の際に親権者の直筆の同意書が必ず必要になるからです。

 

カウンセリングに親権者を同伴しなければならないかどうかはサロンによって異なり、数は少ないですが親権者をカウンセリングに同席しなくてもいいサロンはあります。
ただ、あくまでもカウンセリングに親権者が来ないだけで、同意書を直筆で記入してもらわなくてはなりませんので、親に内緒で脱毛サロンに通うことは不可能なのです。

 

またカウンセリングに親権者が同伴されないとき、未成年者が勝手に印鑑を持ち出して契約書に記入している場合、それを阻止することができなくなってしまいます。
ですから親権者が同席していない場合は、サロンから電話を入れて、本当に契約してもいいか確認を入れるところが多くなっています。

 

絶対に親にバレたくないと考える未成年者は、つい契約書を勝手に作成する行動に出てしまうケースもありますので、そういったケースを未然に防ぎ、のちにトラブルにならないため、脱毛サロン側は親権者に必ず連絡を取るようにしています。

 

同意書持参した場合の親同伴と電話確認の有無と諸注意

サロン 親同伴 電話確認
キレイモ ×
同意書が不自然な場合は保護者に電話で確認
銀座カラー ×
同伴していない場合は月額制の利用は不可

5万円以上のコースの契約には再度親同伴で来店するか電話での同意確認が必要

ミュゼ ×
親と同意の確認ができない場合はその場での契約不可
コロリー × ×
未成年で学生の場合は親の同伴が必要
シースリー ×
親と同意の確認ができない場合はその場での契約不可
恋肌(旧:ラ・ヴォーグ) ×
同意書が不自然な場合は保護者に電話で確認
脱毛ラボ ×
17歳以下の場合は親の同伴が必要

 

参考:全身脱毛は何歳からできるの?小学生の娘を安心して任せられる脱毛サロンとは


未成年者の脱毛、手続きはサロンによって違う

未成年者の脱毛に関する手続きや取り決めはサロンによって異なりますが、未成年者が勝手にサインや押印をして契約できないようにする手立ては、どのサロンもしっかり講じています。

 

契約者が未成年なら電話確認という手段をとり、電話なしなら親権者を同伴するというスキのない仕組みになっているのです。

 

未成年者本人からすると「ムダ毛の悩みは恥ずかしくて親に打ち明けたくない」という思いもありますが、未成年者の脱毛は大人にはないトラブルを起こすことがあると知っておきましょう。

 

まだ体が成長過程である未成年者は、同じような施術をしても大人とは異なった反応が出る場合があり、毛根だけに作用するように改良が重ねられている脱毛機器でも、成長が著しい時期の細胞に何らかの影響を与えてしまう可能性は否めません。

 

想定外のトラブルが予想されるため、脱毛サロン側も親権者の同意を必ず取っておきたいのです。

 

そしてなにより、親権者の同意を確認しておくことは、未成年者本人を守るという意味があるのですね。
親権者の同意が必要な理由がきちんとあると理解したうえで契約することで、未成年者でも安心して脱毛に通うことができます。

 

少々面倒な手続きですが、悩みとサヨナラするためには仕方がないことなのだと理解し、親権者にカウンセリングや同意書の記入をお願いしてみましょう。

 

脱毛サロンQ&Aの関連記事

脱毛サロンはばっくれ禁物!当日キャンセルの厳しいルールとドタキャンのペナルティ

妊娠すると脱毛できない?脱毛サロンへの連絡方法や休会・返金制度について

知ると怖い?脱毛サロンの裏事情!勧誘の実態と上手な断り方

即日脱毛できる脱毛サロンはあるのか?今日脱毛する際の注意点とは

脱毛サロンによって大きく違う脱毛前の剃り残し対応を知らないと大損する

脱毛サロンと脱毛器の併用が急増!そのメリットとデメリット

脱毛前日と施術当日はどんな点に注意すればいいの?

脱毛サロンに行く前の注意事項を守れないと脱毛してもらえません!

未成年が脱毛サロンに通うためには親の同意書と電話確認が必須?

要注意!脱毛サロンの有効期限を知らないと期限切れで大損してしまう

予約が取りやすい脱毛サロンと予約が取れないところの違いと簡単予約方法リスト

脱毛サロンを乗り換えと得するのはどんな人?損するのはこんな人

脱毛サロンの初回カウンセリングの持ち物リスト|当日の内容や聞くことも準備

脱毛当日の流れと施術前と施術後に脱毛サロンから出る注意事項

生理前、生理中は脱毛できる?終わりかけでもキャンセル?脱毛サロンの対応まとめ

ママにおすすめの子連れでいける託児所付きの脱毛サロンはあるのか?

脱毛サロンはどのくらいの頻度で通えばいいの?あけすぎないベストな間隔が早く脱毛効果を実感する秘訣

転勤や転校や引越しで脱毛サロンに通えなくなったときに必要な手続きまとめ

脱毛サロンの契約をクーリングオフするときの正しい手順

脱毛サロンがまさかの倒産!?そんな時どうすればいいのか損をしない対処法を教えます

結婚式直前!ブライダル脱毛はいつから始めると一番美しくウェディングドレスを着れるのか

介護脱毛が注目?40代〜50代女性の多くがVIO脱毛で老後の備えを始めている

 

未成年が脱毛サロンに通うためには親の同意書と電話確認が必須?

 


全身脱毛が安い人気脱毛サロンの月額と最新キャンペーン比較表はこちらでチェック>>