脱毛前日にはどんな点に注意すればいいの?

始めて脱毛を行う際、事前にどのような準備をしておけばよいのか、迷うことがあるのではないでしょうか。

 

施術を受ける前には、脱毛サロンの光脱毛、医療機関のレーザー脱毛で共通した注意事項があります。

 

それでは、脱毛の前日までやってはいけないこと、そして、脱毛当日の注意点についてまとめてみることにしましょう。

 


脱毛前日までにやってはいけないこと・注意したいこと

  1. ムダ毛処理に毛抜きやワックスは使わない

    光脱毛もレーザー脱毛も、ムダ毛の黒色に光またはレーザーを反応されて行う方法であるため、施術の前日までに毛抜きやワックスでムダ毛を根こそぎ脱毛してしまうと、施術を受けることができなくなります。

     

    施術の前日までには、毛抜きやワックスではなく、シェーバーで毛穴から露出している部分のムダ毛のみ処理をしておきましょう。
    剃り残しがある部分に光を照射してしまうと、毛穴から露出している部分のムダ毛の色素に光が反応し、その周囲にやけどを負ってしまう可能性があります。

     

    剃り残しが合った場合は、脱毛サロンによってはその部分を避けての照射になったり、有料のシェービングが必要になったりすることがありますので、前処理の段階では、できる限り剃り残しがないように丁寧に処理しておくことが大切です。

     

    参考:剃り残しがあると施術お断りって本当!?

     

    また、光やレーザーはムダ毛の黒色だけではなく、黒いお肌に反応を示すことも考えられますので、施術の前日までには日焼けをしないということも大切です。

  2.  

  3. 施術の1週間前後は予防接種避ける

    予防接種後は免疫力の低下によって体調を崩しやすい時期です、リンパ管に腫れが生じる可能性もありますので、特に脇やVIO脱毛は行うことができない場合もあります。

     

    予防接種の前後には一時的に予防接種の副作用と捉えることができる症状が現れることがありますので、このような状態での脱毛は避けなければなりません。

 

脱毛当日にはここに注意して

脱毛前日までの注意事項は、そのまま脱毛当日にも当てはまります。
それに加えて、脱毛当日には以下の注意が必要です。

 

  1. 脱毛当日の薬の服用

    風邪薬、頭痛薬、抗アレルギー剤、抗うつ剤などをはじめとする薬は、脱毛当日の服用は控えましょう

  2.  

  3. 脱毛当日のシェービング

    そして、脱毛前にはシェービング処理をしておく必要がありますが、脱毛当日はできる限りシェービング処理をしないことが望ましいです。
    シェービングによって万が一お肌が傷ついてしまうと、お肌が光やレーザーの刺激を受けやすくなると考えられ、脱毛後の肌トラブルにつながる可能性があると考えられるからです。

  4.  

  5. 施術当日の飲酒

    施術当日の飲酒も禁止です。
    一時的ではあっても、飲酒によって血行が促進された状態で施術を受けてしまうと、お肌が炎症を起こしやすくなります。
    脱毛サロンや医療機関では、基本的に酒気帯びの方に対する脱毛の施術は行いませんので注意が必要です。

  6.  

  7. 日焼け止めクリームを塗るタイミング

    そして、脱毛後には紫外線からお肌を守る必要があり、これに役立つのが日焼け止めクリームですが、脱毛当日に日焼け止めクリームを塗ってしまうと、成分が毛穴に入り込んで脱毛の妨げとなることが考えられます。
    日焼け止めクリームを塗るのであれば施術直後。
    これも大切なことですので、頭に入れておいて下さいね。

脱毛前は必ず前処理をする

脱毛に通う前は、必ずムダ毛の処理をしてきましょうと言われます。
このムダ毛の処理はただスタッフのお手入れがラクになるという訳ではなく、他にも重要な要素があるのです。

 

ではその理由を見ていきましょう。

 

  1. 火傷を防止するため

    脱毛をする時に、ムダ毛が長く伸びていると照射した光が黒い毛全体に反応して、場合によっては皮膚に毛が付着し火傷をしてしまう恐れがあります。
    ですから、きちんと毛を処理して、肌トラブルを防ぐ必要があるのです。

  2.  

  3. 脱毛効果を出すため

    毛が伸びていると、毛の先端の方に熱が集まってしまい、肝心の毛乳頭まで熱が届きにくくなります。
    毛根まで熱が届かないと脱毛効果も出なくなるので、毛を短く処理してしっかり脱毛効果が出るようにしなくてはなりません。

このような理由から、脱毛を受ける前は前処理をきちんと行う必要があるのです。

 

そして、店舗によっては施術前にきちんと毛が剃れていないと、ペナルティーとして剃り残し代を請求されることもあるので注意が必要です。代金を請求されなくても、毛が残っている部分を避けて照射するという店舗もあるので、必ず脱毛前は処理をするのを忘れないようにしましょう。

 

参考:各サロンでの剃り残し対応はどうなっている?

 

また、除毛クリームは脱毛サロンの前処理には使用しないことがベストです。
除毛クリームは、お肌表面のムダ毛をきれいに取り除くことができるというメリットを持つ半面、強いアルカリ成分によってお肌がダメージを受けることも考えられます。

 

光の照射はお肌に優しいとはいわれていますが、多少なりともお肌に刺激を与えることも考えられますので、お肌にダブルのダメージを与えてしまわないためにも、除毛クリームによる前処理も避けましょう。

 

前処理はいつ行うのがベスト?

できれば予約日の2〜3日前に処理するのが一番よいでしょう。
その理由は肌トラブルを起こしにくくなるからです。

 

ムダ毛を自己処理すると少なからず肌に負担はかかります。
前日や当日に処理をすると肌が敏感になっていて、その肌に光を照射すると肌荒れや痒みの原因にも繋がります。
そのため自己処理をして2日くらいは肌を休ませてから脱毛を行った方が安全です。

 

逆に、あまり前に毛を処理し過ぎてしまうと施術直前にはまた伸びてきてしまうので、早くに処理し過ぎるのもよくありません。
肌トラブルを起こさないためにも意識して気をつけるようにして下さい。

 

 

脱毛サロンQ&Aの関連記事

脱毛サロンはばっくれ禁物!当日キャンセルの厳しいルールとドタキャンのペナルティ

妊娠すると脱毛できない?脱毛サロンへの連絡方法や休会・返金制度について

知ると怖い?脱毛サロンの裏事情!勧誘の実態と上手な断り方

即日脱毛できる脱毛サロンはあるのか?今日脱毛する際の注意点とは

脱毛サロンによって大きく違う脱毛前の剃り残し対応を知らないと大損する

脱毛サロンと脱毛器の併用が急増!そのメリットとデメリット

脱毛前日と施術当日はどんな点に注意すればいいの?

脱毛サロンに行く前の注意事項を守れないと脱毛してもらえません!

未成年が脱毛サロンに通うためには親の同意書と電話確認が必須?

要注意!脱毛サロンの有効期限を知らないと期限切れで大損してしまう

予約が取りやすい脱毛サロンと予約が取れないところの違いと簡単予約方法リスト

脱毛サロンを乗り換えと得するのはどんな人?損するのはこんな人

脱毛サロンの初回カウンセリングの持ち物リスト|当日の内容や聞くことも準備

脱毛当日の流れと施術前と施術後に脱毛サロンから出る注意事項

生理前、生理中は脱毛できる?終わりかけでもキャンセル?脱毛サロンの対応まとめ

ママにおすすめの子連れでいける託児所付きの脱毛サロンはあるのか?

脱毛サロンはどのくらいの頻度で通えばいいの?あけすぎないベストな間隔が早く脱毛効果を実感する秘訣

転勤や転校や引越しで脱毛サロンに通えなくなったときに必要な手続きまとめ

脱毛サロンの契約をクーリングオフするときの正しい手順

脱毛サロンがまさかの倒産!?そんな時どうすればいいのか損をしない対処法を教えます

結婚式直前!ブライダル脱毛はいつから始めると一番美しくウェディングドレスを着れるのか

介護脱毛が注目?40代〜50代女性の多くがVIO脱毛で老後の備えを始めている

 

脱毛前日と施術当日はどんな点に注意すればいいの?

 


全身脱毛が安い人気脱毛サロンの月額と最新キャンペーン比較表はこちらでチェック>>