脱毛サロンがまさかの倒産!?そんな時どうすればいいのか損をしない対処法を教えます

今や多くの人が利用するようになった脱毛サロンですが、あなたが契約している脱毛サロンは安全ですか?

 

実は少し前まで脱毛サロンが倒産したというニュースが取り上げられることもあったくらい脱毛サロンの経営は難しいようです。

 

そこで、もしもあなたが契約している脱毛サロンが倒産してしまったときのために、とるべき対処法や損をしないための方法について知っておきましょう。

 


脱毛サロンが倒産したらどうすればいい?

ニュースを見ていたら自分が契約している脱毛サロンが経営破たんしたと書いてあった、そんなシチュエーションになったらどうすればよいのか混乱してしまいませんか。
この問題は他人事ではなく表立っていないだけで、経営が危ぶまれている脱毛サロンが多いのが現実。

 

あなたが通っている脱毛サロンも危ないかもしれません。
では、脱毛サロンが倒産したとき、あなたはどうすればいいのでしょうか。

 

最初に確認して欲しいのが契約書です。
脱毛サロンと契約を結んだ時に契約書を一部もらいませんでしたか、契約書脱毛サロンとの契約の有無や契約内容を記載している書類なので、脱毛完了まで大切に保管していてくださいね。

 

さて、脱毛サロンが倒産したときに利用者として一番気になるのが返金や残りの契約についてですよね。
契約時に一括払いを選んだ場合、料金の全額を支払いますが脱毛サロンが倒産するとお金が返金されるのか心配になるでしょう。

 

契約書には倒産時の返金についての項目があるはずです。
「倒産」という文言以外に「解約」もしくは「前受金の保全措置」というようにサロンによって文言が違う場合がありますが、どれもが倒産時に適用される内容となっています。

 

倒産の場合はそのまま、解約であればサロン側からの解約に適用されますし、前受金の保全措置は既に支払ってしまったお金についての規定がされているはず。
一括払いで支払い済みのお金は前受金として処理されるので、契約書に倒産時の前受金の処理方法や連絡方法などが記載されていればその指示に従って行動してください。

 

支払い済みのお金を取り戻す権利は契約書に記載されているため裁判沙汰になった場合でも債権者として優遇措置を受けることができます。
また、ローンで料金を支払っていた場合にはすぐにローン会社に脱毛サロンが倒産した旨を伝えて支払いをストップしましょう。

 

参考:脱毛サロンの全身脱毛コースを上手く解約する方法と返金額分かる返金額計算式あり

 

ただし、契約書に倒産時や前受金についての記載がない場合は要注意。

 

支払ってしまった代金を取り戻すためにも手立てをうたなければなりませんが、そこで利用できるのが消費者センターです。
局番なしの「188」に電話をかけると消費者ホットラインというところにつながっておちかくの消費者センターの窓口を取り次いでくれます。

 

消費者センターでは脱毛サロンなどの消費トラブルが起きた場合どのように対処すべきなのか相談に乗ってくれるので、一度出向いて自分の状況を相談してみましょう。
その際、契約書など脱毛サロンとの関係がわかる書類や領収書などを持参するといいですよ。


脱毛サロンの倒産時に損をしない方法はある?

一括払いをすると全身脱毛の料金を安く済ませることができる反面、倒産時に返金してもらえないというリスクがあるのは事実です。

 

少々割高にはなりますが、通うたびに料金を支払う都度払い月額払いで支払う方が倒産時のリスクを減らすことができるでしょう。

 

また、契約するサロンに都度払いや月額払いがない場合は分割払いを選ぶのもおすすめです。
倒産の可能性は低いとはいえ、いつ起こるか分からないので注意しておきたいですね。


脱毛サロンが倒産したときに残りの契約はどうなる?

ところで、脱毛サロンが倒産したときに残りの施術はしてもらえるのでしょうか。
対応は脱毛サロンによって異なりますが、倒産後の施術は難しいのが実情で、倒産とはつまり経営破たんで借金を背負っている状態なので、従業員への給料支払いも難しくなっています。

 

民事再生法適用などで借金を減額するなどできれば経営を継続できる可能性はありますがごく一部の望みで、一般的な倒産の場合はそのまま業務中止に追い込まれます。
そのため、倒産が分かった時点で残りの施術を受けるのは難しいと考えておく方がよいでしょう。


倒産の心配がない大手サロンはあるの?

数ある脱毛サロンの中で倒産の心配がないところはあるのでしょうか。
100%倒産しないとは言い切れませんが、運営歴の長い大手サロンであれば倒産の可能性はかなり低くなります。

 

例えば、エステ業界で有名なTBCはバックボーンがしっかりしているので他のサロンに比べると倒産の可能性は低くなります。
大手であっても現金払いや一括払いをすすめてくるサロンは資金繰りに苦労している心配があるため契約しない方が安心ですよ。

 

参考:エステティックTBCの終わりある美肌脱毛をお得な体験コースで!料金、効果、簡単予約方法は?


どこの脱毛サロンにも可能性がある倒産。損をしない方法を知っておこう

脱毛サロンの倒産は想像しにくいものの現実に起こっているのも事実です。
倒産の危機に備えて契約時にもらった契約書は必ず保管しておきましょう。

 

また、実際に倒産したときは契約書の記載事項にしたがって返金手続きを取ります。
契約書に記載がなければ消費者センターに相談するのもおすすめですよ。

 

倒産のときに損をしないためには、一括支払いではなく都度払いや月額払いなど利用者の負担が少ない支払方法を選んでくださいね。

 

脱毛サロンQ&Aの関連記事

脱毛サロンはばっくれ禁物!当日キャンセルの厳しいルールとドタキャンのペナルティ

妊娠すると脱毛できない?脱毛サロンへの連絡方法や休会・返金制度について

知ると怖い?脱毛サロンの裏事情!勧誘の実態と上手な断り方

即日脱毛できる脱毛サロンはあるのか?今日脱毛する際の注意点とは

脱毛サロンによって大きく違う脱毛前の剃り残し対応を知らないと大損する

脱毛サロンと脱毛器の併用が急増!そのメリットとデメリット

脱毛前日と施術当日はどんな点に注意すればいいの?

脱毛サロンに行く前の注意事項を守れないと脱毛してもらえません!

未成年が脱毛サロンに通うためには親の同意書と電話確認が必須?

要注意!脱毛サロンの有効期限を知らないと期限切れで大損してしまう

予約が取りやすい脱毛サロンと予約が取れないところの違いと簡単予約方法リスト

脱毛サロンを乗り換えと得するのはどんな人?損するのはこんな人

脱毛サロンの初回カウンセリングの持ち物リスト|当日の内容や聞くことも準備

脱毛当日の流れと施術前と施術後に脱毛サロンから出る注意事項

生理前、生理中は脱毛できる?終わりかけでもキャンセル?脱毛サロンの対応まとめ

ママにおすすめの子連れでいける託児所付きの脱毛サロンはあるのか?

脱毛サロンはどのくらいの頻度で通えばいいの?あけすぎないベストな間隔が早く脱毛効果を実感する秘訣

転勤や転校や引越しで脱毛サロンに通えなくなったときに必要な手続きまとめ

脱毛サロンの契約をクーリングオフするときの正しい手順

脱毛サロンがまさかの倒産!?そんな時どうすればいいのか損をしない対処法を教えます

結婚式直前!ブライダル脱毛はいつから始めると一番美しくウェディングドレスを着れるのか

介護脱毛が注目?40代〜50代女性の多くがVIO脱毛で老後の備えを始めている

 

脱毛サロンがまさかの倒産!?そんな時どうすればいいのか損をしない対処法を教えます

 


全身脱毛が安い人気脱毛サロンの月額と最新キャンペーン比較表はこちらでチェック>>