気になるアンダーヘアの白髪をVIO脱毛してくれるサロンはあるのか?

40代、50代を迎えるとアンダーヘアにも白髪が混じってきますよね。
脱毛サロンではVIOラインの処理もできますが、白髪が混じってくるとVIO脱毛できないサロンも。

 

でもどうして白髪があると脱毛できないのでしょうか。
白髪があっても脱毛できるサロンについてもご紹介しています。

 


白髪はどうして脱毛できないの?

フラッシュ脱毛を取り入れている脱毛サロンだけでなく、威力が強く永久脱毛できると言われているクリニックでのレーザー脱毛でさえ白髪脱毛はできないと言われていますが、どうして白髪は脱毛できないのでしょうか。

 

白髪が脱毛できない理由は普通の黒い体毛と白髪との違いです。
髪の毛の色が黒や白色に見えるのは髪に含まれているメラニン色素の量によって決まります。

 

メラニン色素は黒く見える色素のことで黒や茶色に見える髪に大量に含まれていますが、白髪にはメラニン色素が含まれていません。
体毛はもともとは白色をしていて伸びていく過程でメラニン色素が混ざって黒色や茶色に変わっていくのですが、メラニン色素が十分に生成できず髪に色素が混ざらないと白いままで伸びてしまうのです。

 

メラニン色素の生成にはメラノサイトという細胞が深くかかわっていて、毛根部にあるチロシナーゼという酵素がメラノサイトに働きかけてメラニン色素が作られますが、加齢やストレスによってチロシナーゼの分泌量が減ってくるとメラノサイトの働きが悪くなりメラニン色素が生成されずに髪が白いまま伸びてしまい白髪になるのです。

 

たいていのサロンで使われている機械はフラッシュと呼ばれる特別な光を体毛に照射して脱毛するのですが、フラッシュは体毛にあるメラニン色素に反応します。
そのため、メラニン色素が多く含まれている黒い体毛の場合はフラッシュが反応しますが、白髪にはメラニン色素が含まれていても少量かもしくは含まれていないため、フラッシュが反応せず脱毛できないのですね。

 

参考:フラッシュ脱毛の特徴と仕組みとは?効果や回数・メリットとデメリットまで


白髪脱毛でも効果があるニードル脱毛とハイパースキン脱毛

実は、ニードル脱毛やハイパースキン脱毛という脱毛方法なら白髪が混じっていても脱毛が可能です。
ここでは、ニードル脱毛やハイパースキン脱毛はどんな脱毛方法なのでしょうか、それぞれについて詳しく説明していきます。

 

  1. ニードル脱毛とは

    ニードル脱毛は電気脱毛や針脱毛と呼ばれる方法で、毛穴の一つ一つに細い針を刺して施術していきます。
    針には微弱な電流が流れており毛根組織を破壊することで脱毛する方法です。

     

    ニードル脱毛ではメラニン色素の含有量に関係なく施術できるのでアンダーヘアに白髪が混じっていても脱毛ができ、さらに永久脱毛の効果が期待できます。

     

    ただし、毛穴に針をさすため痛みが強く、一つ一つの毛穴にアプローチするため手間がかかることから行っている脱毛サロンが少なく実用性に欠けるのがデメリットといえます。

  2.  

  3. ハイパースキン脱毛とは

    ハイパースキン脱毛は、現在生えている体毛ではなく、これから生えてくるであろう体毛にアプローチする脱毛方法です。

     

    毛穴からは周期的に体毛が生えてきて一定期間伸びきると抜け落ちていきますが、毛が抜け落ちた後は毛乳頭にあるバルジという部分から「次の毛を作るぞ」という信号が出て、発毛因子と呼ばれる細胞が毛乳頭へ移って次の毛が成長していきます。

     

    発毛因子の働きを抑える光を照射することで次の体毛が伸びてくるのを予防、これを繰り返すことで脱毛効果が得られるのがハイパースキン脱毛で、発毛因子に働きかけるので体毛の中にあるメラニン色素の量にかかわらず施術ができるため、白髪が混ざっているアンダーヘアにも脱J網効果が得られるのです。

     

    参考:ハイパースキン脱毛の仕組みとメリットとデメリット|効果がない?白髪にも効く?は本当か

アンダーヘアの白髪をVIO脱毛できるディオーネの魅力

白髪が混ざっていても脱毛できるハイパースキン脱毛は大手脱毛サロンのディオーネで取り入れています。
ディオーネではKARENというオリジナルマシンを導入していますが、いろんなメリットがあるんですよ。

 

まず、脱毛についてはお肌のダメージがほとんどなく、やけどの心配もない点です。
フラッシュ脱毛では、出力が強いと体毛に反応する際に熱が発生して軽いやけどをすることがありますが、KARENでは38度くらいの光を照射するため高温になりませんし、お肌への炎症も抑えることができます。
別の脱毛方法だとVIOラインなどの処理は痛みが生じやすいといわれていますが、ディオーネではデリケートなVIOラインもほとんど無痛で処理できるんですよ。

 

参考:脱毛トラブルの種類と解決策を抑え失敗しない脱毛サロンを選ぼう

 

また、施術によって美肌効果が得られるのも嬉しいポイントではないでしょうか。
KARENで照射される光の中には、フォト美顔で使われている光が3割程度含まれていて、お肌のコラーゲンの生成を促します。

 

脱毛をするとお肌が荒れてしまいがちですが、ディオーネで脱毛をすればするほどお肌のハリが戻ってきて、ツルツルのお肌に生まれ変わっていくので、これまでの自己処理でダメージを受けてしまったお肌や黒ずみまできれいになると評判です。

 

白髪が混ざりはじめたからとVIO脱毛を諦めるのはまだ早いですよ。
是非、ディオーネのハイパースキン脱毛を体験してみてくださいね。

 

参考:顔脱毛のディオーネのハイパースキン脱毛なら痛くないし子供もOK!料金、効果、簡単予約方法は?

 

脱毛サロンの通い方Q&Aの関連記事

脱毛トラブルの種類と解決策を抑え失敗しない脱毛サロンを選ぼう

毛周期を無視すると損!脱毛サロンへ通うペースは毛の周期に合わせるべし

脱毛後に頭痛や吐き気が起こることってあるの?だるい、体調不良、めまいの症状が出た時に薬で対応はOKか?

脱毛は安全?副作用はないの?起こりうる体への影響と脱毛のリスク

アトピーや敏感肌でも症状を悪化させずに脱毛できるのか?おすすめなのは脱毛サロンorクリニック?

脱毛後の運動がダメな理由と脱毛サロンに行って何日後から運動を始めていいのか

産後の脱毛サロンはいつから通える?帝王切開や断乳が終わってない人はも同じタイミングで再開していいの?

なぜほくろは脱毛NGなのか?ホクロが増えたりとれたという噂の真実

剛毛過ぎて脱毛サロンに行くのが恥ずかしい人へ!毛深い人も効果を感じられる回数やお金は同じ?

産毛に効くの?薄い毛にもしっかり効果があるおすすめの脱毛サロン

脱毛と色素沈着や黒ずみの関係|できるのか?治るのか?黒ずまないための対策とは

ムダ毛の自己処理は危険過ぎる!潜むリスクやトラブル回避には脱毛サロンが最適な理由

脱毛してからタトゥーが正解!脱毛NG?タトゥーが消える?やけどする?一体どこまで本当か?

脱毛とニキビの関係|脱毛できる?脱毛すると増える?脱毛後できたニキビ(毛嚢炎)の対処法など

白髪は脱毛ムリ?気になるアンダーヘアの白髪をVIO脱毛してくれるサロンはあるのか?

日焼けや地黒は脱毛NG?どの程度の色黒までなら脱毛できるのか

脱毛とダイエット効果が期待できる?脱毛しながら痩せる夢のスリムアップ脱毛とは

ケロイド体質だと脱毛できないサロンとできるサロンの違いと医療脱毛の対応

 

白髪は脱毛ムリ?気になるアンダーヘアの白髪をVIO脱毛してくれるサロンはあるのか?

 


全身脱毛が安い人気脱毛サロンの月額と最新キャンペーン比較表はこちらでチェック>>