脱毛トラブルの種類と解決策を抑え失敗しない脱毛サロンを選ぼう

脱毛といえば、ムダ毛をお手入れするにはとても画期的な方法で、誰でも気軽に受けられるイメージがありますが、高い熱を照射していく脱毛方法は肌トラブルのリスクも高まります。
ムダ毛をきれいにするために脱毛サロンに通ったのに、肌に傷をつけては意味がありませんよね。

 

そこで、今回は脱毛時に起こり得るトラブルと、どのような対策をすればトラブルが防げるのかも解説していくので是非参考にしてみてください。

 


脱毛時にどのようなトラブルが起こり得る?

では、実際脱毛時にどのようなトラブルが起こり得るのか紹介していきます。

 

@やけど

脱毛は高い熱を直接肌に照射していくので場合によってはやけどをしてしまうことがあります。
ただし、必ずやけどが起こるわけではなく、光の出力が強すぎた時、前処理をきちんと行っていなかった時、日焼けしている肌に照射をした時など起こり得ます。

 

A腫れ、赤み

肌に当てる光は温度が高いので、肌の状態によっては腫れや赤みが出てしまいます。
これも必ず起こるものではなく、照射出力が強い時、肌が乾燥している時、体調不良で脱毛した時などに起こる可能性が高くなります。

 

B痒み

肌に光を照射すると、皮膚の中に熱がこもって水分が奪われやすくなり、肌の水分がなくなると乾燥肌になってしまい痒みが起きやすくなります。
脱毛後は乾燥肌になるものだと思って、きちんと毎回お肌をケアする必要があります。

 

C体調不良

脱毛時には必ず光を肌に照射していきますが、思っている以上にこの光の出力は強く肌にも多少の負担はかかります。
あまり体調が優れない時に脱毛してしまうとその後体調不良となってしまうので、具合が良くないと思った時は脱毛をお休みすることが大切です。

 

D毛嚢炎

毛嚢炎とは毛包を傷つけてしまいそこに細菌が付着し感染すると炎症を起こします。
軽傷の場合は時間がたてば自然に治癒しますが、膿を持つと激しく痛む場合もあり、最悪皮膚科で膿を出すため切開するようなこともあります。
特に、VIO、ワキ、髭など毛が太い部位を脱毛した後に発症しやすくなります。

 

参考:これってニキビ?毛嚢炎について

 

E硬毛化

硬毛化とは脱毛する前に比べて、脱毛後の方が毛が濃くなってしまう現象をいいます。
現在はっきりとした原因は分っていませんが、毛根に強い熱を与え刺激することで毛根組織が活性化してしまい硬毛化が起きてしまうのではないかといわれています。
特に産毛のような色素の薄い毛を脱毛した時に硬毛化が起こりやすくなり、対処法は特になくそのまま脱毛を続けていけば徐々に毛はなくなっていきます。

 

 

脱毛時のトラブルを未然に防ぐ対処法

ここでは、脱毛時にトラブルを起こさないために未然に防ぐ対処法を5つ紹介します。

 

@きちんと前処理をする

やけどなどの肌トラブルを起こさないようにするためには、まず前処理をきちんとしましょう。
ムダ毛が残っている状態で光を照射すると毛の全体に熱が加わり、その毛が肌に付着することでやけどを起こします。
また、ムダ毛をきちんと処理することで毛乳頭へ熱が届きやすくもなるので前処理は大切です。

 

できれば前処理は施術日の2日前にするようにして下さい。
施術当日に前処理をして肌に負担がかかっている状態で光を照射すると肌トラブルの原因になります。

 

参考:脱毛サロンによって大きく違う脱毛前の剃り残し対応を知らないと大損する

 

A日焼けをしない

照射時に日焼けなどして肌が黒くなっていると、毛穴ではなく黒い肌に光が強く反応してしまうためやけどをしてしまいます。
脱毛に通っている期間はなるべく紫外線に当たらないようにして、日焼け止めクリームを塗ったり、紫外線カットの長袖などを着用するなどお肌をケアすることをオススメします。

 

 

参考:日焼けや地黒は脱毛NG?どの程度の色黒までなら脱毛できるのか

 

B身体の体温を上げる行為を控える

脱毛当日は飲酒、激しい運動、入浴といった身体の体温を上げる行為は控えてください。
脱毛後はお肌がとてもデリケートになっているので、身体の体温が上がると赤みが出たり、痒みが起きやすくなります。
また、リンパマッサージやヨガなど血流が良くなる運動も脱毛後は体調不良の原因にもなるので、2〜3日は控えるようにしましょう。

 

参考:脱毛後の運動がダメな理由と脱毛サロンに行って何日後から運動を始めていいのか

 

C肌の保湿を欠かさない

肌に光を照射した後は、照射により肌の水分を奪われてしまうためお肌がとても乾燥しやすくなります。
脱毛後は美容液で肌に潤いを与え保湿することで痒みなども防げます。

 

参考:全身脱毛にはアフターケアが必須!その理由と保湿など具体的なケア方法とは

 

D脱毛当日の薬を控える

薬を飲むことで脱毛時に副作用が出てしまうことがあるので、脱毛当日は薬を控えるようにしましょう。
どうしても飲む必要がある場合には、無料カウンセリングの時に薬の服用についてスタッフに伝えておくようにしましょう。
※脱毛サロンによっては、施術日の前日や次の日も服用禁止のところがあるので自分の通うサロンの規定をしっかり確認しておきましょう。

 

参考:脱毛前日と施術当日はどんな点に注意すればいいの?

 

脱毛は気を付けないとトラブルに繋がりやすいので注意事項をしっかり守ろう!

今回は脱毛時に起こり得るトラブルについて見てきました。
脱毛は気軽に受けられるイメージがありますが、きちんと注意事項を守らないと腫れ、赤み、やけど、痒み、毛嚢炎など思わぬトラブルが起きてしまいます。

 

脱毛を受ける時は、前処理、日焼け、薬の服用、保湿ケア、体温を上げる行為に特に気を付けるようにして下さい。
そして、自分の通うサロンの規定もしっかり頭に入れて安全に脱毛していきましょう。

 

参考:脱毛サロンに行く前の注意事項を守れないと脱毛してもらえません!

 

脱毛サロンの通い方Q&Aの関連記事

脱毛トラブルの種類と解決策を抑え失敗しない脱毛サロンを選ぼう

毛周期を無視すると損!脱毛サロンへ通うペースは毛の周期に合わせるべし

脱毛後に頭痛や吐き気が起こることってあるの?だるい、体調不良、めまいの症状が出た時に薬で対応はOKか?

脱毛は安全?副作用はないの?起こりうる体への影響と脱毛のリスク

アトピーや敏感肌でも症状を悪化させずに脱毛できるのか?おすすめなのは脱毛サロンorクリニック?

脱毛後の運動がダメな理由と脱毛サロンに行って何日後から運動を始めていいのか

産後の脱毛サロンはいつから通える?帝王切開や断乳が終わってない人はも同じタイミングで再開していいの?

なぜほくろは脱毛NGなのか?ホクロが増えたりとれたという噂の真実

剛毛過ぎて脱毛サロンに行くのが恥ずかしい人へ!毛深い人も効果を感じられる回数やお金は同じ?

産毛に効くの?薄い毛にもしっかり効果があるおすすめの脱毛サロン

脱毛と色素沈着や黒ずみの関係|できるのか?治るのか?黒ずまないための対策とは

ムダ毛の自己処理は危険過ぎる!潜むリスクやトラブル回避には脱毛サロンが最適な理由

脱毛してからタトゥーが正解!脱毛NG?タトゥーが消える?やけどする?一体どこまで本当か?

脱毛とニキビの関係|脱毛できる?脱毛すると増える?脱毛後できたニキビ(毛嚢炎)の対処法など

白髪は脱毛ムリ?気になるアンダーヘアの白髪をVIO脱毛してくれるサロンはあるのか?

日焼けや地黒は脱毛NG?どの程度の色黒までなら脱毛できるのか

脱毛とダイエット効果が期待できる?脱毛しながら痩せる夢のスリムアップ脱毛とは

ケロイド体質だと脱毛できないサロンとできるサロンの違いと医療脱毛の対応

 

脱毛トラブルの種類と解決策を抑え失敗しない脱毛サロンを選ぼう

 


全身脱毛が安い人気脱毛サロンの月額と最新キャンペーン比較表はこちらでチェック>>