日焼けや地黒は脱毛NG?どの程度の色黒までなら脱毛できるのか

日焼けをして脱毛サロンに行ったら脱毛を断られたという話をたまに聞きますが、実際に脱毛サロンによっては日焼けや地黒など肌の色を理由に施術を断られるケースがあるようです。

 

では、日焼けしていたらどうして脱毛できないのでしょうか、その理由と断られた際の予約の変更方法やキャンセル料についても調べてみました。

 


どうして日焼けした肌は脱毛できないの?

夏場など日焼け止めを塗らずに外出してうっかり日焼けしてしまうことってありますよね。
だけどサロンによっては日焼けしたまま行っても施術が断られることもあるようで、その理由は脱毛サロンが採用している脱毛方法の特徴にあります。

 

脱毛サロンの中でも日焼けを理由に断る可能性が高いのが、大手のキレイモ恋肌銀座カラーシースリーなどIPL脱毛を取り入れているサロンとミュゼプラチナム脱毛ラボのようにSSC脱毛を取り入れているサロン。

 

IPL脱毛とは、インテンスパルスライトと呼ばれる光をムダ毛に照射することで毛に含まれているメラニン色素と反応し高温の熱を生じさせる方法ですが、熱が毛根部に伝わることで毛根組織を破壊して毛が生えてこないようにします。

 

参考:IPL脱毛の仕組みとメリットとデメリット|ホクロはNG?美肌効果がある?は本当か

 

また、SSC脱毛は抑毛効果のあるジェルを肌に塗ってその上からクリプトンライトを照射するので一見すると日焼けとは関係ないように施術できるようにも思えますが、クリプトンライトも少なからずメラニン色素に反応する働きがあります。

 

参考:SSC脱毛の仕組みとメリットとデメリット|抜けない?美肌効果がある?は本当か

 

ところで日焼けした肌というのは茶色や褐色がかっているのですが、原因は紫外線を浴びることによってチロシナーゼという酵素の働きが強くなりメラノサイトという細胞に働きかけてメラニン色素が生成量がふえるため、お肌は褐色っぽくどんどんと暗い色合いへと変わってゆきます。
つまり、日焼け肌というのはメラニン色素が多く含まれている状態で肌の下にはメラニン色素の予備軍がたくさんいるのですがそんな状態で施術をしてしまうと肌がやけどするリスクが高くなりますよね。

 

また、日焼けした肌というのは紫外線を浴びていてとても乾燥した状態で、刺激に敏感になっています。
IPL脱毛もSSC脱毛も照射によって熱が発生するため肌の水分を少なからず奪ってしまうので、紫外線を浴びることで乾燥して敏感なお肌に施術するとより乾燥させてしまい炎症を起こしやすくなります。
やけどのリスクと乾燥で炎症を起こしやすくなるリスクを避けるためにも脱毛サロンでは日焼けした場合は施術を断るようにしているのです。

 

ただし、ハイパースキン脱毛やニードル脱毛はお肌の色やメラニン色素量に関係なく施術できるため日焼けOKのサロンとして営業しています。
ハイパースキン脱毛は発毛因子に働きかける光を照射する方法で主にディオーネで取り入れられていますし、ニードル脱毛は直接針を刺して電流を流すことで毛根細胞を破壊する脱毛方法でエステティックTBCで取り入れられています。

 

参考:顔脱毛のディオーネのハイパースキン脱毛なら痛くないし子供もOK!料金、効果、簡単予約方法は?


もともと色黒の場合は脱毛できる?

自黒や地黒、色黒と呼ばれるように日焼けをしていなくても体質的に色が黒い場合は脱毛できるのか気になるところですが、この場合も日焼けと同様に肌に含まれるメラニン色素の量が多いため脱毛を断られるケースがほとんどです。

 

また、日焼けのとき同様、ハイパースキン脱毛とニードル脱毛は肌の色に関係なく施術できて自黒肌でも色黒も脱毛ができるので、他のサロンで断られた方は一度相談してみてくださいね

 

参考:ハイパースキン脱毛の仕組みとメリットとデメリット|効果がない?白髪にも効く?は本当か


脱毛前後の日焼けは厳禁!

脱毛する前の日焼けはお肌が過敏になっていてやけどや炎症を起こすリスクが高いため多くのサロンでは脱毛NGとされています。
どの程度の日焼けであれば施術できるのかについては各サロンによって判断が異なるのでカウンセリングを受ける際に確認してみてください。

 

このときにサロンによってはキャンセル扱いをされるとこもあり予約を変更しなければならずキャンセル料が発生することもありますし、1回分を消化するサロンもあります。
日焼けする心配がある場合はその直近に予約を入れず、もしも予約日以前に日焼けしてしまった場合はなるべく前日より早くに予約変更をしておくようにしましょう。

 

参考:脱毛サロンはばっくれ禁物!当日キャンセルの厳しいルールとドタキャンのペナルティ

 

また、予約日前や当日だけでなく脱毛した直後も肌が施術によって敏感になっているため日焼けによるダメージが大きくなる可能性があります。
施術当日は長そでや長ズボン、帽子を着用するなどして日焼け対策を万全にしておいてくださいね。


脱毛のダメージを減らすためにも日焼けにはNG

日焼けしている肌は紫外線によって乾燥していたりメラニン色素の量が増えて色黒になったりして脱毛のダメージを受けやすくなっています。

 

日焼けで施術を断られると予約日変更の必要やキャンセル料も発生するため脱毛中は日焼けしないようにしましょう。

 

脱毛サロンの通い方Q&Aの関連記事

脱毛トラブルの種類と解決策を抑え失敗しない脱毛サロンを選ぼう

毛周期を無視すると損!脱毛サロンへ通うペースは毛の周期に合わせるべし

脱毛後に頭痛や吐き気が起こることってあるの?だるい、体調不良、めまいの症状が出た時に薬で対応はOKか?

脱毛は安全?副作用はないの?起こりうる体への影響と脱毛のリスク

アトピーや敏感肌でも症状を悪化させずに脱毛できるのか?おすすめなのは脱毛サロンorクリニック?

脱毛後の運動がダメな理由と脱毛サロンに行って何日後から運動を始めていいのか

産後の脱毛サロンはいつから通える?帝王切開や断乳が終わってない人はも同じタイミングで再開していいの?

なぜほくろは脱毛NGなのか?ホクロが増えたりとれたという噂の真実

剛毛過ぎて脱毛サロンに行くのが恥ずかしい人へ!毛深い人も効果を感じられる回数やお金は同じ?

産毛に効くの?薄い毛にもしっかり効果があるおすすめの脱毛サロン

脱毛と色素沈着や黒ずみの関係|できるのか?治るのか?黒ずまないための対策とは

ムダ毛の自己処理は危険過ぎる!潜むリスクやトラブル回避には脱毛サロンが最適な理由

脱毛してからタトゥーが正解!脱毛NG?タトゥーが消える?やけどする?一体どこまで本当か?

脱毛とニキビの関係|脱毛できる?脱毛すると増える?脱毛後できたニキビ(毛嚢炎)の対処法など

白髪は脱毛ムリ?気になるアンダーヘアの白髪をVIO脱毛してくれるサロンはあるのか?

日焼けや地黒は脱毛NG?どの程度の色黒までなら脱毛できるのか

脱毛とダイエット効果が期待できる?脱毛しながら痩せる夢のスリムアップ脱毛とは

ケロイド体質だと脱毛できないサロンとできるサロンの違いと医療脱毛の対応

 

日焼けや地黒は脱毛NG?どの程度の色黒までなら脱毛できるのか

 


全身脱毛が安い人気脱毛サロンの月額と最新キャンペーン比較表はこちらでチェック>>