ムダ毛の自己処理は危険過ぎる!

脱毛するときに、専門のクリニックやサロンに通ったらお金がかかるからと自己処理をしていませんか。

 

実は脱毛の中で一番トラブルが起こるリスクが高いのが自己処理なんです。

 

では自己処理をするとどんなリスクがあるのでしょうか、最適な方法とあわせて確認しておきましょう。

 


ムダ毛の自己処理は危険?

ムダ毛の存在が気になっていても、脱毛サロンに通ったらけっこうな料金がかかるため自己処理で済ませてはいませんか。
確かに、ムダ毛を一番手軽にお安く処理できるのは自己処理ですよね。

 

例えばカミソリやシェーバー、毛抜きを使えばその場でムダ毛を処理することができますし、かかる費用としても道具代くらいで処理する時間も短時間で済みますが、医師をはじめとする専門家からはムダ毛の自己処理の危険性が古くから指摘されています。

 

実際に、自己処理をして毛嚢炎や埋没網、黒ずみや乾燥といった肌トラブルが起こし来院する方は多いのだとか。
ではどうしてムダ毛の自己処理が肌トラブルを引き起こすのでしょうか、各処理方法と引き起こすトラブルについて知っておきましょう。


ムダ毛の処理方法とリスクやトラブルとは?

カミソリ

広範囲をスピーディに処理できるのがカミソリを使った自己処理ですが、肌トラブルを一番引き起こしやすいと言っても過言ではありません。
その理由はカミソリを使うとムダ毛を剃れるだけでなく、お肌の表面まで削り取ってしまうからです。

 

カミソリ負けという言葉を聞いたことがあると思いますが、これはカミソリによってお肌の表面が削られることで、かゆみを帯びたりお肌が赤くなってしまう状態をいいます。
かゆみが強い場合や赤味が激しい場合は皮膚科を受診してクリームなどを塗って様子を見ますが、症状がひどい場合は黒ずみとなって残ってしまうこともあるのです。

 

また、カミソリを使うことで乾燥肌を引き起こすリスクもあります。
お肌の角質層表面が削られることで保湿膜が薄くなってしまい白く粉をふいたように乾燥してしまうので、処理をした後しっかりとお肌を保湿して乾燥を予防することが大切です。

 

毛抜き

ワキやVラインなど狭い範囲で太い毛であれば毛抜きが一番便利ですよね。

 

毛を抜き取るため次に生えてくるまで時間がかかりますし、生えてくる毛も毛先が細いため目立ちにくくなりますが、毛穴からムダ毛を1本1本抜く必要があるので時間がかかりますし手間もかかります。
毛抜で処理するリスクには痛みがあり、抜くときに毛が引っ張られるため、人によっては激痛となることもあります。

 

また、埋没毛や毛嚢炎も起こりやすいリスクがあります。
埋没毛とは、毛を抜くことで毛根部分が変形してしまい新しい毛が出てくるときにお肌の下で伸びて外に出てこない状態のことで、見た目には黒いブツブツになり、毛を出すには針などを使ってお肌を切開する必要があるので傷が残る可能性もあります。

 

毛嚢炎とは、毛根部分が炎症を起こしてしまう状態のことで、炎症がひどくなると膿をもったり変色することもあるので注意しなければなりません。

 

参考:これってニキビ?毛嚢炎について

 

脱毛機

家庭用脱毛機も手軽にできる自己処理の1つです。メーカーによっては家庭用脱毛器として販売されており、フラッシュ脱毛タイプやレーザー脱毛タイプがあります。
クリニックやサロンに比べると威力が弱くなりますが、自宅でサロンに準ずる処理ができるのは便利ですよね。
ただし、照射するときに出力レベルを誤ればやけどの心配もありますし、毛を直接処理するため埋没毛や毛嚢炎のリスクもつきものです。

 

除毛クリーム

ムダ毛を楽に処理できる除毛クリームも人気があります。
気になる部分に毛を溶かすクリームを塗って時間を置いた後クリームを拭き取ります。
除毛クリームはお肌への負担が軽いですが体質によっては薬品負けしてお肌が真っ赤になってしまうこともあり、注意しなければなりません。

 

ワックス

液体のワックスをお肌に塗って、乾燥したら一息にワックス部分をはがす方法です。
ブラジリアンワックスのようにVIOラインなど狭い範囲を脱毛できるメリットがありますが痛みがあることやお肌表面を傷つけてしまい乾燥するリスクがあります。

 

脱毛テープ

脱毛テープとは、フィルム型のテープをムダ毛の部分に貼ってお肌に密着させ一気に引きはがす方法です。
毛穴の根元からムダ毛が抜けますし、一度に広範囲を処理できるのが魅力です。
ただし、脱毛テープを引きはがす時に痛みがありますし毛が生えてきたときに埋没毛や毛嚢炎になる可能性が否めません。
テープはお肌に密着するため、剥がす時にムダ毛だけでなくお肌表面の角質がはがれる恐れもあります。
乾燥肌の人に脱毛テープは要注意ですね。

 

自己処理での肌トラブルが起こりやすい部位としては、ワキやVIO、腕や足が挙げられます。
ワキは毛抜き脱毛での埋没毛や毛嚢炎のリスクが高くなります。
VIOは敏感なため乾燥したりかゆくなったり、腕や足はカミソリ負けや乾燥肌、埋没毛が起こりやすくなっています。
肌トラブル回避のためにも自己処理は避ける方が良さそうですね。

脱毛するならメリットたくさんの脱毛サロンで!

肌トラブルのリスクを考えると自己処理よりもプロに任せるのがいいでしょう。
ただ、クリニックに通うとなると費用が高くなってしまいますよね。

 

参考:医療脱毛が安い全身脱毛で人気のおすすめクリニックランキングと選び方のコツ

 

そこでおすすめしたいのが脱毛サロンです。
脱毛やお肌についての知識を持ったスタッフによって安心して脱毛が受けられますよ。
また、脱毛サロンで行う施術はフラッシュという美肌効果もある光を用いるため脱毛するたびにお肌が美しく整うともいわれています。
ムダ毛を処理できて美肌になるのは一石二鳥で嬉しいですよね。

 

参考:全身脱毛が安い人気脱毛サロンランキングと選び方のコツ

 

 

自己処理には危険がいっぱい!脱毛サロンで安心美肌脱毛を

費用が安くて自宅で行える自己処理には危険性が潜んでいます。
カミソリや毛抜き、脱毛器やワックスなど手軽な方法を繰り返すと、カミソリ負けや乾燥肌や埋没毛、毛嚢炎を引き起こすリスクも。
脱毛サロンでの脱毛は美肌効果もあるので、少々高くてもお肌がきれいになるのでおすすめです。

 

脱毛サロンの通い方Q&Aの関連記事

脱毛トラブルの種類と解決策を抑え失敗しない脱毛サロンを選ぼう

毛周期を無視すると損!脱毛サロンへ通うペースは毛の周期に合わせるべし

脱毛後に頭痛や吐き気が起こることってあるの?だるい、体調不良、めまいの症状が出た時に薬で対応はOKか?

脱毛は安全?副作用はないの?起こりうる体への影響と脱毛のリスク

アトピーや敏感肌でも症状を悪化させずに脱毛できるのか?おすすめなのは脱毛サロンorクリニック?

脱毛後の運動がダメな理由と脱毛サロンに行って何日後から運動を始めていいのか

産後の脱毛サロンはいつから通える?帝王切開や断乳が終わってない人はも同じタイミングで再開していいの?

なぜほくろは脱毛NGなのか?ホクロが増えたりとれたという噂の真実

剛毛過ぎて脱毛サロンに行くのが恥ずかしい人へ!毛深い人も効果を感じられる回数やお金は同じ?

産毛に効くの?薄い毛にもしっかり効果があるおすすめの脱毛サロン

脱毛と色素沈着や黒ずみの関係|できるのか?治るのか?黒ずまないための対策とは

ムダ毛の自己処理は危険過ぎる!潜むリスクやトラブル回避には脱毛サロンが最適な理由

脱毛してからタトゥーが正解!脱毛NG?タトゥーが消える?やけどする?一体どこまで本当か?

脱毛とニキビの関係|脱毛できる?脱毛すると増える?脱毛後できたニキビ(毛嚢炎)の対処法など

白髪は脱毛ムリ?気になるアンダーヘアの白髪をVIO脱毛してくれるサロンはあるのか?

日焼けや地黒は脱毛NG?どの程度の色黒までなら脱毛できるのか

脱毛とダイエット効果が期待できる?脱毛しながら痩せる夢のスリムアップ脱毛とは

ケロイド体質だと脱毛できないサロンとできるサロンの違いと医療脱毛の対応

 

ムダ毛の自己処理は危険過ぎる!潜むリスクやトラブル回避には脱毛サロンが最適な理由

 


全身脱毛が安い人気脱毛サロンの月額と最新キャンペーン比較表はこちらでチェック>>