脱毛と色素沈着や黒ずみの関係

自分の肌をよくみてみると黒ずんで色素沈着になっている部分はありませんか?
せっかく美肌を目指していても黒ずみがあったら恥ずかしいですよね。
しかも脱毛に通っている時に色素沈着があると施術してもらえるのか心配な人もいると思います。

 

そこで今回は脱毛と色素沈着の関係をくわしく解説していきます。
さらに脱毛後に色素沈着をおこすことはあるのか?色素沈着にならないための対処法も紹介していくのでぜひ参考にしてみてくださいね。

 


脱毛後に色素沈着してしまうことはあるの?

まず、脱毛後に色素沈着になってしまうことはあるのか?ということですが、結論からいうと脱毛後に色素沈着になることは十分あり得ます。
ではその理由を3つ解説します。

 

  1. やけどをした時

    脱毛は高熱を肌に照射していくのでやけどを起こす可能性は0ではありません。
    もしやけどをしてしまうと皮膚に火傷の跡がのこりその部分が色素沈着になってしまうことがあります。
    とくにレーザー脱毛後に色素沈着になりやすいので注意が必要です。

  2.  

  3. 痒みで掻きむしった時

    脱毛後は肌が乾燥しやすくなるので痒みがでます。
    そして痒いからといって肌を掻きむしってしまうと皮膚に傷がつきその部分が黒ずんで色素沈着になってしまいます。

  4.  

  5. 自己処理で肌を傷つけてしまった時

    脱毛前には自己処理が必須となっていますが、剃刀を使用してお手入れをすると肌が傷ついて、その傷跡が色素沈着になることがあります。

     

    参考:ムダ毛の自己処理は危険過ぎる!潜むリスクやトラブル回避には脱毛サロンが最適な理由

 

このように、共通していえることは傷跡に色素沈着が起こりやすいということです。
肌にダメージが加わると肌を守ろうとメラニンが多く生成されてしまうので、色素沈着にならないためにはお肌に刺激を与えないことが一番です。

 

また、色素沈着になりやすい部位としてはVIO やワキが多く、とくにVIOの中でもIラインは下着で擦れて色素沈着になりやすいので、デリケートゾーンを脱毛する時は黒ずみがあるか確認しておく必要があります。

 

色素沈着になっている部分はやけどをする恐れがあり脱毛できない

では、もし色素沈着になっている部分があるときは脱毛できるのでしょうか?
結論からいうと色素沈着をおこしている部分に光をあてることはできません。

 

じつは先程もお伝えした通り、色素沈着ができている部分はメラニンが多く生成され黒ずんでいます。
そこに光をあててしまうとメラニン色素に反応して肌がやけどしてしまうので、脱毛時は色素沈着の部分を避けて照射していきます。

色素沈着にならないために自分でできる対処法は?

ここでは色素沈着にならないための対処法を3つ紹介していきます。

 

  1. 肌を傷つけない

    色素沈着は傷跡にできやすくなるので、肌にできるだけダメージを与えないようにしましょう。
    また、デリケートゾーンなどは下着で擦れやすくなるのでゆったりしたものを選ぶと良いです。

  2.  

  3. 抗酸化作用のあるものを摂取する

    色素沈着は一時的な場合も多くきちんとケアすれば消せる可能性もあります。
    とくにビタミンCやビタミンEなどの抗酸化作用があるものを摂取したりすると色素沈着は治りやすくなります。
    さらにメラニンの生成を抑えるハイドロキノンクリームを塗るのも効果的なので皮膚科で処方してもらってください。

  4.  

  5. 紫外線にあたらない

    紫外線にあたるとメラニンが多く生成されて色素沈着もできやすくなります。
    とくに脱毛中は日焼け止めクリームを塗るなどして紫外線予防をしていきましょう。

     

    参考:日焼けや地黒は脱毛NG?どの程度の色黒までなら脱毛できるのか

 

このようになるべく色素沈着ができないように自分でできることは実践していくと良いでしょう。

大手脱毛サロンの色素沈着対する対策は?

ここでは、大手脱毛サロンの色素沈着の対策について紹介していきます。

 

キレイモ

キレイモには「プレミアム美白脱毛」のコースがあり、プラセンタエキスやビタミンC誘導体などが配合された美白ローションでターンオーバーを促しお肌をきれいにしてくれます。

 

キレイモの詳細はこちら>>

 

銀座カラー

銀座カラーでは「美肌潤美」というヒアルロン酸やコラーゲンが入ったローションをお肌に塗布し美肌効果を高めてくれます。

 

銀座カラーの詳細はこちら>>

 

コロリー

コロリーでは、ヒアルロン酸がたっぷり配合されたジェルを肌に塗布してくれるので、乾燥を防ぎお肌に潤いを与え黒ずみもケアしてくれます。

 

コロリーの詳細はこちら>>

 

ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナムでは、脱毛後に角質ケアにこだわったミルクローションを塗布してくれるので、黒ずみを予防しキメの整ったきれいな肌にしていけます。

 

ミュゼプラチナムの詳細はこちら>>

 

脱毛ラボ

脱毛ラボでは、施術後にプロテクトローションをお肌に塗ってくれます。
このローションをお肌の炎症を抑える成分も配合されているので、色素沈着なども予防していけます。

 

脱毛ラボの詳細はこちら>>

 

シースリー

シースリーでは、美白や抑毛効果のあるローションを使用しているので脱毛後のお肌をきれいに保つことができます。

 

シースリーの詳細はこちら>>

 

ラヴォーグ

ラヴォーグではコラーゲンがたっぷり入ったローションを使用しているので、美白効果も高く紫外線に強い肌をつくっていけます。

 

恋肌の詳細はこちら>>

色素沈着になった部分の脱毛はNG!色素沈着にならないようにケアしましょう

今回は色素沈着と脱毛の関係についてくわしくみてきました。
肌がダメージを受け傷跡が残るとその部分に色素沈着ができやすくなります。

 

そして色素沈着がある部分に光を照射するとやけどする可能性があり脱毛はできません。
ですから、なるべく肌に刺激を与えず美肌に保つことが大切です。

 

また、抗酸化作用のあるビタミンを摂取したり、紫外線を予防することで色素沈着になりやすいVIOも改善していくことは可能なので、自分でできるケアは実践して黒ずみを解消していきましょう。

 

脱毛サロンの通い方Q&Aの関連記事

脱毛トラブルの種類と解決策を抑え失敗しない脱毛サロンを選ぼう

毛周期を無視すると損!脱毛サロンへ通うペースは毛の周期に合わせるべし

脱毛後に頭痛や吐き気が起こることってあるの?だるい、体調不良、めまいの症状が出た時に薬で対応はOKか?

脱毛は安全?副作用はないの?起こりうる体への影響と脱毛のリスク

アトピーや敏感肌でも症状を悪化させずに脱毛できるのか?おすすめなのは脱毛サロンorクリニック?

脱毛後の運動がダメな理由と脱毛サロンに行って何日後から運動を始めていいのか

産後の脱毛サロンはいつから通える?帝王切開や断乳が終わってない人はも同じタイミングで再開していいの?

なぜほくろは脱毛NGなのか?ホクロが増えたりとれたという噂の真実

剛毛過ぎて脱毛サロンに行くのが恥ずかしい人へ!毛深い人も効果を感じられる回数やお金は同じ?

産毛に効くの?薄い毛にもしっかり効果があるおすすめの脱毛サロン

脱毛と色素沈着や黒ずみの関係|できるのか?治るのか?黒ずまないための対策とは

ムダ毛の自己処理は危険過ぎる!潜むリスクやトラブル回避には脱毛サロンが最適な理由

脱毛してからタトゥーが正解!脱毛NG?タトゥーが消える?やけどする?一体どこまで本当か?

脱毛とニキビの関係|脱毛できる?脱毛すると増える?脱毛後できたニキビ(毛嚢炎)の対処法など

白髪は脱毛ムリ?気になるアンダーヘアの白髪をVIO脱毛してくれるサロンはあるのか?

日焼けや地黒は脱毛NG?どの程度の色黒までなら脱毛できるのか

脱毛とダイエット効果が期待できる?脱毛しながら痩せる夢のスリムアップ脱毛とは

ケロイド体質だと脱毛できないサロンとできるサロンの違いと医療脱毛の対応

 

脱毛と色素沈着や黒ずみの関係|できるのか?治るのか?黒ずまないための対策とは

 


全身脱毛が安い人気脱毛サロンの月額と最新キャンペーン比較表はこちらでチェック>>