なぜほくろは脱毛NGなのか?ホクロが増えたりとれたという噂の真実

お肌に点在するホクロ。
サロンによってはホクロ部分近くの脱毛は断られるケースや、ホクロ部分に保護シールを貼ってから施術するところもありますよね。

 

では、どうしてほくろ脱毛はNGなのでしょうか。
その理由と共に、脱毛でほくろが増えたり取れたりするという噂についても検証してみましょう。

 


ほくろがあると脱毛ができない?

光脱毛やレーザー脱毛をするときにホクロがあると脱毛できないという話を聞いたことはありませんか。

 

サロンやクリニックの多くは、ホクロがある部位は脱毛しないこととしています。
その理由は脱毛のメカニズムにあります。

 

光脱毛やレーザー脱毛で使っている機種の多くは、ムダ毛にあるメラニン色素に反応する特徴を持っています。
メラニン色素とは黒色や褐色をしている色素で、脱毛で用いる光やレーザーはメラニン色素に反応することで発熱し毛根部分に伝わるために脱毛効果が得られるのです。

 

ところが、メラニン色素は体毛だけでなくお肌にも存在しています。
もちろん、光やレーザーはお肌の色素レベルには反応しないように出力が調整されています。

 

しかし、注意すべきはホクロ部分。
ホクロ部分は見た目でもわかるように黒色や褐色をしており、お肌と比べ物にならないくらいの量のメラニン色素が含まれています。

 

脱毛時に光やレーザーを照射することで、体毛だけでなくホクロ部分にも反応してしまうんですね。
だから、ホクロ部分に照射をすると痛いと感じることや、ひどい場合にはやけど状態になるので炎症を起こしてかさぶたができてしまうこともあります。

 

そのためサロンではホクロ部分が炎症を起こさないように、肌色をした保護シールを貼ってホクロ部分を保護し施術を行います。


脱毛をするとほくろが増える?

脱毛をしてとホクロが増えたという噂を耳にしたことはありますか。
その噂は結論的には嘘なのですが、ホクロが増えたように見えることはあります。

 

その1つが、光やレーザーを照射したことによってやけどになってしまった場合。

 

サロンやクリニックではお肌保護のために光やレーザーの出力を加減していますが、中には何らかのミスで出力を高くなってしまう可能性があります。
出力が高いと、お肌の中でも薄いシミがあった部分などが過度に反応してやけどや炎症を起こしてしまうのです。

 

その結果、小さなかさぶたができたり赤い点ができたりすることがあり、パッと見るとホクロが増えたように見えるのです。
ただし、これらの症状はお肌の回復と共に収まってきて10日も経てば綺麗なお肌に戻るでしょう。

 

2つめの理由は、お肌にもともとあったメラニン色素が顕在化してきた場合。

 

お肌には目に見えていないだけで深部にシミ予備軍と言われるようなメラニン色素が沈着しています。
新陳代謝によりその色素は上へ上へと押し上げられていくのですが、脱毛後にタイミングよくこの色素が出てくる場合があります。

 

脱毛によってではなく潜在的にあった色素ですが、タイミングによってはホクロが新たに出てきたように見えますね。


脱毛でほくろが取れる噂は本当?

脱毛とホクロの関係には、他にもいろんな噂がありますよね。
その中の1つで脱毛施術によってほくろがとれたという噂があります。
ホクロに悩んでいる人にとっては嬉しい噂ですが、真相はいかがなものなのでしょうか。

 

結論から言うと、脱毛でほくろが取れるという噂は嘘。
でもどうしてそんな噂が出てきたのでしょうか。

 

それには美容外科などで行われているシミやほくろとりが原因となっているようです。
美容外科ではシミやほくろをとるためにレーザー治療を行っているのはご存知でしょうか。
シミやほくろにはメラニン色素があるため、メラニン色素に反応するレーザーを照射することで軽いやけどの状態にさせて、お肌を刺激することで薄くしていきます。

 

ただし、このときのレーザーの出力はとても高く、脱毛で用いるレーザーの比ではありません。
ムダ毛に対するレーザーの出力はシミやほくろをとれるほど強くはないのです。
そのため、脱毛でほくろがとれたという噂はデマだと言えます。

 

ところで、脱毛施術によってほくろががんになるという噂もありますが、こちらももちろん嘘。
フラッシュ照射がお肌の細胞をがん化させるという考えもありますが、がんになる原因は生活習慣や日焼けのし過ぎなどもっと別のところにあります。

 

脱毛とホクロにまつわる噂はいろいろと出回っていますが、そのほとんどが嘘なので、心配し過ぎないでくださいね。

ほくろ部分の脱毛は危険!増えたり取れる噂はデマ

サロン脱毛や医療脱毛で用いられる光やレーザはメラニン色素に反応します。

 

メラニン色素は体毛だけでなくホクロやシミの部分にも含まれているため、ほくろをそのままの状態で脱毛すると光やレーザーが反応してやけどする可能性があり注意が必要です。

 

また、脱毛によってほくろが増えたりとれたという噂がありますが、これらがデマだということも知っておきましょう。

 

脱毛サロンの通い方Q&Aの関連記事

脱毛トラブルの種類と解決策を抑え失敗しない脱毛サロンを選ぼう

毛周期を無視すると損!脱毛サロンへ通うペースは毛の周期に合わせるべし

脱毛後に頭痛や吐き気が起こることってあるの?だるい、体調不良、めまいの症状が出た時に薬で対応はOKか?

脱毛は安全?副作用はないの?起こりうる体への影響と脱毛のリスク

アトピーや敏感肌でも症状を悪化させずに脱毛できるのか?おすすめなのは脱毛サロンorクリニック?

脱毛後の運動がダメな理由と脱毛サロンに行って何日後から運動を始めていいのか

産後の脱毛サロンはいつから通える?帝王切開や断乳が終わってない人はも同じタイミングで再開していいの?

なぜほくろは脱毛NGなのか?ホクロが増えたりとれたという噂の真実

剛毛過ぎて脱毛サロンに行くのが恥ずかしい人へ!毛深い人も効果を感じられる回数やお金は同じ?

産毛に効くの?薄い毛にもしっかり効果があるおすすめの脱毛サロン

脱毛と色素沈着や黒ずみの関係|できるのか?治るのか?黒ずまないための対策とは

ムダ毛の自己処理は危険過ぎる!潜むリスクやトラブル回避には脱毛サロンが最適な理由

脱毛してからタトゥーが正解!脱毛NG?タトゥーが消える?やけどする?一体どこまで本当か?

脱毛とニキビの関係|脱毛できる?脱毛すると増える?脱毛後できたニキビ(毛嚢炎)の対処法など

白髪は脱毛ムリ?気になるアンダーヘアの白髪をVIO脱毛してくれるサロンはあるのか?

日焼けや地黒は脱毛NG?どの程度の色黒までなら脱毛できるのか

脱毛とダイエット効果が期待できる?脱毛しながら痩せる夢のスリムアップ脱毛とは

ケロイド体質だと脱毛できないサロンとできるサロンの違いと医療脱毛の対応

 

なぜほくろは脱毛NGなのか?ホクロが増えたりとれたという噂の真実

 


全身脱毛が安い人気脱毛サロンの月額と最新キャンペーン比較表はこちらでチェック>>