産毛に効くの?薄い毛にもしっかり効果があるおすすめの脱毛サロン

医療レーザー脱毛や脱毛サロンのフラッシュ脱毛は、ともに色素が薄い産毛に対する反応が弱く、脱毛完了までには時間がかかると考えられています。

 

では、実際に背中の産毛など色素が薄いムダ毛には、どの方法がおすすめなのでしょうか。

 


脱毛方法の種類と効果を知っておきましょう

それではまず、脱毛の種類と産毛に対する脱毛効果についてご紹介します。

 

医療脱毛(医療レーザー脱毛)

アレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーなどを照射することにより、毛根組織を破壊する方法です。
レーザーはムダ毛の色素が濃いほど強い反応を示す性質を持っており、色素が薄い毛に対する反応は弱いという特徴があります。

 

 

参考:医療脱毛が安い全身脱毛で人気のおすすめクリニックランキングと選び方のコツ

 

サロン脱毛(フラッシュ脱毛・光脱毛)

脱毛サロンでは、IPL脱毛、またはS.S.C脱毛によって背中産毛など、色素が薄い産毛の脱毛を行うことができます。
これらは光脱毛と呼ばれ、永久脱毛には分類されないものの、一度に広範囲の照射が可能、脱毛効果と同時に美肌効果を得ることができるというメリットがあります。

 

IPL脱毛ではキセノンランプという光を毛根部分に直接照射しますが、S.S.C脱毛ではトレジャービーンズと呼ばれる特殊ジェルを塗布、クリプトンランプで成分をお肌に浸透させ、産毛の産生能力を弱めるという違いがあり、どちらにもムダ毛処理効果だけではなく美肌効果を期待することができます。

 

全身脱毛で人気の脱毛サロンTOP5>>

部位によって異なる脱毛効果の現れ方

医療レーザーでもフラッシュ脱毛でも、産毛の色素に反応させて脱毛しますので、どちらもムダ毛の色素が濃いほど強い反応を示し、早い段階での脱毛効果を期待できるでしょう。

 

たとえば、脇やVIOラインなどのムダ毛は太くて色素が濃いため、医療レーザー、フラッシュ脱毛ともに強い反応を示しますので、比較的少ない回数で脱毛を完了させることができると考えることができます。

 

参考:光脱毛は部位ごとに効果の現れ方が違うの?効果が現れる回数は?

 

一方で、背中産毛や顔産毛などは色素が薄い毛であるため、医療レーザーやフラッシュが反応したとしても、1回の施術で毛根組織が大きなダメージを受けることはなく、太く色素が濃いムダ毛よりも多くの時間を費やさなくてはなりません。

 

実際に必要になる回数については個人差がありますが、フラッシュ脱毛であれば、12〜20回程度の施術が必要になると考えておくと良いでしょう。

 

参考:光脱毛で全身脱毛をすると何回くらいで効果が出てくるの?


産毛に効くおすすめの脱毛方法はこれ!

産毛は顔や背中、手指などに見られる色素が薄い毛ですので、他のパーツと比較した場合では脱毛効果の現れ方が遅いと考えられますので、まずはこの部分を頭に入れておきましょう。
では、実際に産毛の脱毛を受けるのであれば、医療レーザーとフラッシュ脱毛ならどちらがおすすめできるのでしょうか。

 

それは、フラッシュ脱毛です。
医療レーザーは強いパワーのレーザーを照射するため、優れた脱毛効果を期待できるというのは事実です。
ですが、強いパワーのレーザーを照射するということは、それだけお肌が受けるダメージも大きいと考えることができます。

 

一方、上記でご紹介した通り、フラッシュ脱毛はIPL脱毛とS.S.C.脱毛に分類されていますが、どちらも弱い光を照射するという特徴を持っています。
つまり、顔などの皮膚が薄い部分に与える刺激を軽減させながら脱毛できるというメリットがあるということです。

 

また、背中は思いのほか皮脂分泌が多くニキビができやすい部分であるため、もしもニキビができているのであれば、弱いパワーの光でお肌を刺激しないように脱毛を行わなくてはなりません。

 

参考:脱毛とニキビの関係|脱毛できる?脱毛すると増える?脱毛後できたニキビ(毛嚢炎)の対処法など

 

そして気になるのが、産毛に対する反応が弱いフラッシュ脱毛で本当に産毛を脱毛できるのか、という部分ですね。
確かに、フラッシュ脱毛は産毛に対する反応が弱いという弱点は持っています。

 

ですが、S.S.C.脱毛の場合では、光の力だけに頼るのではなく、トレジャービーンズの力も借りて毛根組織の働きを弱める方法ですので、成分が毛穴からゆっくりと浸透すれば、緩やかな脱毛効果が現れてくるでしょう。

 

さらに、トレジャービーンズには美肌成分が含まれていますので、これらの成分による美肌効果も期待することができます。
また、同じフラッシュ脱毛であってもS.S.C.脱毛はIPL脱毛よりもお肌に与える刺激が弱いといわれていますので、敏感肌の方にもおすすめできる脱毛方法であると捉えることができます。

 

参考:アトピーや敏感肌でも症状を悪化させずに脱毛できるのか?おすすめなのは脱毛サロンorクリニック?

 

最近では、IPL脱毛だけできなくS.S.C.脱毛を取り扱う脱毛サロンが増えてきていますので、特にお肌が弱い方は、S.S.C.脱毛の取り扱いがある脱毛サロンでカウンセリングを受けてみて、顔や背中産毛の脱毛を検討してみてはいかがでしょうか。

 

産毛に対する反応が弱いということは、それだけ脱毛完了までに時間がかかるということです。

 

顔や背中産毛など、色素が薄い産毛の脱毛を受けるのであれば長期戦を予想した上で、余裕を持って脱毛を開始することが望ましいといえるでしょう。

 

参考:全身脱毛完了までのどのくらいかかる?効果はあるけど期間は短い脱毛サロンとは

 

脱毛サロンの通い方Q&Aの関連記事

脱毛トラブルの種類と解決策を抑え失敗しない脱毛サロンを選ぼう

毛周期を無視すると損!脱毛サロンへ通うペースは毛の周期に合わせるべし

脱毛後に頭痛や吐き気が起こることってあるの?だるい、体調不良、めまいの症状が出た時に薬で対応はOKか?

脱毛は安全?副作用はないの?起こりうる体への影響と脱毛のリスク

アトピーや敏感肌でも症状を悪化させずに脱毛できるのか?おすすめなのは脱毛サロンorクリニック?

脱毛後の運動がダメな理由と脱毛サロンに行って何日後から運動を始めていいのか

産後の脱毛サロンはいつから通える?帝王切開や断乳が終わってない人はも同じタイミングで再開していいの?

なぜほくろは脱毛NGなのか?ホクロが増えたりとれたという噂の真実

剛毛過ぎて脱毛サロンに行くのが恥ずかしい人へ!毛深い人も効果を感じられる回数やお金は同じ?

産毛に効くの?薄い毛にもしっかり効果があるおすすめの脱毛サロン

脱毛と色素沈着や黒ずみの関係|できるのか?治るのか?黒ずまないための対策とは

ムダ毛の自己処理は危険過ぎる!潜むリスクやトラブル回避には脱毛サロンが最適な理由

脱毛してからタトゥーが正解!脱毛NG?タトゥーが消える?やけどする?一体どこまで本当か?

脱毛とニキビの関係|脱毛できる?脱毛すると増える?脱毛後できたニキビ(毛嚢炎)の対処法など

白髪は脱毛ムリ?気になるアンダーヘアの白髪をVIO脱毛してくれるサロンはあるのか?

日焼けや地黒は脱毛NG?どの程度の色黒までなら脱毛できるのか

脱毛とダイエット効果が期待できる?脱毛しながら痩せる夢のスリムアップ脱毛とは

ケロイド体質だと脱毛できないサロンとできるサロンの違いと医療脱毛の対応

 

産毛に効くの?薄い毛にもしっかり効果があるおすすめの脱毛サロン

 


全身脱毛が安い人気脱毛サロンの月額と最新キャンペーン比較表はこちらでチェック>>