安全なら脱毛したいけど…起こりうるリスクについて

光やレーザーを使った脱毛は、人間に適用され始めてからまだあまり時間が経たない施術です。
友人や知人が全身脱毛をして問題なかったからといって、自分もそうなのか、本当に健康に影響がないのか気になりますね。

 

脱毛サロンや医療脱毛クリニックでは、光やレーザーを使用して毛根にダメージを与える施術をしています。

 

毛根や周辺組織に熱エネルギーが加わるため、軽いヤケドや赤み・痛みなどを感じることがあるというのはよく知られる脱毛のデメリットですが、それ以外に重篤な副作用や後遺症はあるのでしょうか?
脱毛することによって病気になったり体に悪い影響が出たりする危険性はないのでしょうか?

 

こちらでは、全身脱毛を受けることにより起こりうるリスクについてお話ししています。

 


がん

日焼けと皮膚がんには相関関係があるといわれています。
脱毛にも光やレーザーを使用するため、がんを発症するリスクが高まるのではないかという懸念があります。

 

ですが日焼けによりがんを引き起こすのは、数ある光のうちの紫外線です。
脱毛で使われる光は赤外線ですから、皮膚がんを引き起こす心配はありません。
赤外線と紫外線はまったく別ものなのです。

 

ただひとつ注意しなければならないことは光やレーザーを、ほくろやシミに照射しないこと。
ほくろやシミに光を照射すると、がん化する可能性がゼロではないので、脱毛サロンではほくろやシミを避けて施術を行っています。

 

まだほくろやシミが確実にがん化するというデータはありませんが、可能性があることに関しては、それを避けるという対処が行われています。

 

参考:なぜほくろは脱毛NGなのか?ホクロが増えたりとれたという噂の真実

 

ホルモンバランス

自然な状態でのムダ毛の状態や量は、男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが影響しています。
鼻の下や胸毛などのムダ毛は、男性ホルモンが盛んになったときに生えてくる傾向があります。

 

そういったムダ毛を脱毛していくとき、施術としては毛根にダメージを与えて脱毛を促すだけであり、男性ホルモンや女性ホルモンの量を操作するわけではないので、体内のホルモン量やバランスはそのままです。

 

全身脱毛をすることによって生理周期が乱れたり、体調が変わってしまったりするような恐れはないと知っておきましょう。

 

参考:毛周期に合わせて脱毛をするメリットとは?

 

白斑

皮膚にはメラニン色素を作る色素細胞がありますが、なんらかの原因でメラニン色素が消失してしまうことがあります。

 

白斑になりやすい体質の人が一定数存在しており、こういった人が脱毛を受けると、白斑が広がったり増えたりしてしまうことがあります。

 

もともと白斑がある人は、脱毛を受ける前に医師に相談し、よく考える必要があります。

 

ワキガ

「全身脱毛するとワキガがひどくなる」「ワキガが治る」という相反する説があります。

 

脱毛の施術では、ワキ毛に光やレーザーを照射し毛根にダメージを与えます。
ワキガの原因のひとつとなる雑菌は、毛根やワキ毛に付着し悪臭を放ちますが、ワキ毛が減るとその分においも減少していきます。

 

脱毛してワキガがひどくなったと感じる場合は、残っている毛根に皮脂などが詰まり雑菌が繁殖していたり、脱毛による刺激で汗が一時的に増えていることが考えられますが、ワキガの度合いは確実な数値として計測することができず、あくまでも本人の感じ方となります。

 

においの発生源のひとつである雑菌の繁殖が脱毛により抑えられることは確かであり、結論としては脱毛はワキガにはいい影響を与えるといえるでしょう。

 

わきがは体質によるところが大きいと考えられ、両親のいずれかがわきが体質だった場合では約50%、両親ともにわきが体質だった場合では約80%という高い確率で子供にその体質が遺伝するといわれています。

 

また、わきがは脇汗が原因であると考えられがちですが、わきがの本当の原因は汗そのものではなく、汗と同時に毛穴から分泌される脂質や糖質、タンパク質などを餌とする、コリネバクテリウムや黄色ブドウ菌の繁殖によるものです。

 

なお、わきがの原因菌が好むのはアポクリン線から分泌される汗や分泌物であり、エクリン線からの分泌物はわきがに影響を与えないと考えられています。

 

脇汗

脇毛には汗を発散させる役目がありますが、脱毛により毛がなくなることで汗がワキ毛に付着せず直接お肌に流れるようになります。

 

そうなると、汗そのものの量は変わらなくても、お肌にダイレクトに感じる汗の量が増え、人によっては洋服に染み出す汗の量が増えたように感じることもあります。

 

また脱毛の際の刺激によって汗腺が刺激され一時的にワキ汗が増えることもありますが、一週間ほどすると収まってきますのでさほど心配する必要はありません。

 

体臭

体毛は体臭の原因になることがあります。
特にワキや陰部は汗をかきやすく通気性が悪いため雑菌が繁殖しやすい環境で、こういった部位のムダ毛を脱毛することにより雑菌の繁殖が抑えられ体臭が減ると考えられています。

 

ですが脱毛後に体臭がきつくなったと感じることもあります。
施術で毛が抜けても毛根そのものが残っている場合、そこに皮脂や汚れがたまり雑菌が繁殖しにおいを放つことがあるのです。

 

また全身脱毛した後には一時的に汗が増えることがあり、これまでになかった汗臭さを感じる人もいますが、この多汗は一時的なものが多いですから様子を見て収まってくるようなら心配いりません。

 

私たちの皮下にはアポクリン線とエクリン線という2種類の汗腺が無数に走っています。
そして、エクリン線から分泌されてくる汗の成分は、約90%が水であるといわれていますので、ほとんど体臭の原因になることはないといわれています。

 

一方で、アポクリン線はエクリン線とは異なり脇やデリケートゾーンに密集しており、この汗腺からは水分だけではなくタンパク質や脂質なども多く分泌されます。
そして、これらの成分を餌とするコリネバクテリウムや黄色ブドウ球菌が繁殖し、ノネナールという臭い物資を作り出すことにより、いわゆるワキガやスソワキガの状態が作り出されて行きます。

 

そして、本来であればノネナールが毛に付着している状態のほうが、脱毛後のツルツルの状態よりも臭いが発生しやすいと考えられていますが、脱毛後、ノネナールが付着する毛がなくなった状態で臭いがきつくなるというのは、いったいなぜなのでしょうか。

 

まず、脱毛したからといってアポクリン線がなくなるわけではありませんので、以前と変わらずアポクリン線からは汗やその他の分泌物が分泌されてきます。
そして、毛がなくなった状態ではその分泌物が服に付着し、服の繊維の中でコリネバクテリウムや黄色ブドウ球菌が繁殖し、ノネナールを作り出していると考えることができます。

 

硬毛化・増毛化

ムダ毛を減らしたくて脱毛に通っているのにも関わらず、その刺激によって毛が逆に増えてしまうことがあります。
光やレーザーを毛根に当てるとその部分の毛が抜けますが、ダメージを与えきれなかった毛が刺激により太くなったり長くなったり、増えてしまったりすることがあり、これらを硬毛化・増毛化と呼んでいます。

 

こうなってしまう原因はまだよくわかっていません。
これらの現象は背中などもともと産毛の多い部位で起こりやすい傾向があり、硬毛化・増毛化しそうな人にはあらかじめサロンからその旨が伝えられ、それでも脱毛したいという意思を確認してから施術を行うことが一般的です。

はっきりとは医学の世界では解明はされていませんが、産毛や色素の薄い毛に光を照射すると、メラニン色素が薄いのであまり光には反応せずに、かえって毛根の細胞を活性化させてしまい太い毛が生えてしまうことがあります。
それが毛が多くなったように見えてしまう理由です。

 

ちなみに増毛化が起こりやすい部位とは、うなじ、顔、背中、首周り、肩周りなどがあります。
このような部位の毛は産毛などの細い毛が集中しているので他の部位に比べて増毛化しやすくなります。

体への悪影響の症例はこれまでなし!心配なら病院と提携しているサロンも検討を

全身発毛によるがんやホルモンバランスへの影響は、これまで報告されていません。
全身脱毛はまだ開発されて日の浅い技術ですが、体に深刻なダメージを与える症例はないのです。

 

全身脱毛には光(フラッシュ)や医療用レーザーを使用します。
その効果は人によりまちまちで、場合によってはメリットよりもデメリットの方が大きい場合もあると知っておきましょう。

 

汗の量や皮膚の状態・メラニン色素の量などは、人によって違います。
施術前からこういったリスクや弊害のことを考えるのは気が進まないものですが、万が一トラブルが起こったらどうするかということを考えておくのは、たいへん意味のあることです。

 

脱毛サロンではこういったリスクや体への影響についての説明をカウンセリング時に必ず行うようになっていますが、自分の身に起こるかもしれないと考える人は少数です。
最近ではクリニックと提携しているサロンも増えていますから、万が一のときにアフターフォローがきちんと受けられるところを選んでおくといいでしょう。

 

「自分の身にトラブルは起こらない」「運の悪い人の話でしょ」と思い込まず、自分にも起こるかもしれないと常に思っておくことが大切なのです。

 

脱毛サロンの通い方Q&Aの関連記事

脱毛トラブルの種類と解決策を抑え失敗しない脱毛サロンを選ぼう

毛周期を無視すると損!脱毛サロンへ通うペースは毛の周期に合わせるべし

脱毛後に頭痛や吐き気が起こることってあるの?だるい、体調不良、めまいの症状が出た時に薬で対応はOKか?

脱毛は安全?副作用はないの?起こりうる体への影響と脱毛のリスク

アトピーや敏感肌でも症状を悪化させずに脱毛できるのか?おすすめなのは脱毛サロンorクリニック?

脱毛後の運動がダメな理由と脱毛サロンに行って何日後から運動を始めていいのか

産後の脱毛サロンはいつから通える?帝王切開や断乳が終わってない人はも同じタイミングで再開していいの?

なぜほくろは脱毛NGなのか?ホクロが増えたりとれたという噂の真実

剛毛過ぎて脱毛サロンに行くのが恥ずかしい人へ!毛深い人も効果を感じられる回数やお金は同じ?

産毛に効くの?薄い毛にもしっかり効果があるおすすめの脱毛サロン

脱毛と色素沈着や黒ずみの関係|できるのか?治るのか?黒ずまないための対策とは

ムダ毛の自己処理は危険過ぎる!潜むリスクやトラブル回避には脱毛サロンが最適な理由

脱毛してからタトゥーが正解!脱毛NG?タトゥーが消える?やけどする?一体どこまで本当か?

脱毛とニキビの関係|脱毛できる?脱毛すると増える?脱毛後できたニキビ(毛嚢炎)の対処法など

白髪は脱毛ムリ?気になるアンダーヘアの白髪をVIO脱毛してくれるサロンはあるのか?

日焼けや地黒は脱毛NG?どの程度の色黒までなら脱毛できるのか

脱毛とダイエット効果が期待できる?脱毛しながら痩せる夢のスリムアップ脱毛とは

ケロイド体質だと脱毛できないサロンとできるサロンの違いと医療脱毛の対応

 

脱毛は安全?副作用はないの?起こりうる体への影響と脱毛のリスク

 


全身脱毛が安い人気脱毛サロンの月額と最新キャンペーン比較表はこちらでチェック>>