ニキビがあっても脱毛できるの?

顔や背中にニキビやニキビ跡・吹き出物がある人はとても多いものです。
脱毛したいと考えたとき、このようなブツブツがあると施術できるのだろうか?とと不安になってしまうことでしょう。

 

お肌の状態を良好に保つことを考えると、なるべくカミソリや毛抜きなどで自己流の処理をしないことが大切で、ニキビ肌こそ、正しい方法で脱毛することで状態をよくしていけるのです。

 

ここではニキビがある人の脱毛や、脱毛するとニキビが増えるの?という疑問などについてお答えしていきます。

 


脱毛するとニキビが増えるって本当?

脱毛するとニキビが増えてしまった…という人の声をよく聞きますが、正確にはニキビが増えてしまったのではなく、できものが増えたことをニキビが増えたように思ってしまうのです。

 

脱毛後にできるできものはニキビではなく毛嚢炎というもので、見た目はニキビと同じようですが、この2つは別物です。
ニキビ自体は脱毛することによって発生する回数が減っていくと知っておきましょう。

 

参考:脱毛時にどのようなトラブルが起こり得る?

これってニキビ?毛嚢炎について

毛嚢炎(脱毛後のニキビ)とは、お肌に細菌が感染することにより起こる炎症です。
以前は「面疔」などと呼ばれていましたが、最近では毛嚢炎という呼び方が広まってきました。

 

皮膚に細菌が感染し小さなブツブツができ見た目はニキビとほとんど変わりません。
初期のころには痛くもかゆくもなく、それほど色も変わりませんが、悪化すると赤いニキビのように腫れたり、膿が溜まったりすることもあります。

 

いっぽうニキビは、毛穴に皮脂や汚れが詰まり、アクネ菌が原因となってできるできものです。
毛穴のつまりが原因で起こる皮膚の疾患をニキビと呼んでいます。

 

脱毛した後にニキビが増えたと感じる場合、それはニキビではなく毛嚢炎ができている可能性が高いといえます。
脱毛の際に光で毛穴にダメージを与えますが、その際毛穴にブドウ球菌などが侵入し感染を起こすことがあります。

 

薬の処方ができる医療脱毛クリニックでは、レーザーの照射後に毛嚢炎を防ぐ塗り薬を出してくれるところも多くあります。
それくらい脱毛後の毛嚢炎はポピュラーなものなのです。


ニキビがある場合に気をつけないといけないこと

多くの脱毛サロンでは、施術ができないお肌のトラブルについて通知しています。
代表的なものは日焼け・お肌の乾燥・光に過敏な人・ケロイド体質の人・敏感肌などで、ニキビという記述はあまり見つけられません。

 

多くの脱毛サロンで使用する光は黒いものに反応する性質があります。
ですので色素が濃いシミやそばかす・ほくろなどはその部分を避けたり、白いクリームを塗ったりパッチを貼って反応しないように工夫してくれるサロンが多くなっています

 

参考:なぜほくろは脱毛NGなのか?ホクロが増えたりとれたという噂の真実

 

ニキビも軽症であれば、光が反応するほど色が濃くないため、光を照射してもダメージはほとんど加わりませんが、炎症が進んで赤や紫になったり、黒くなってしまったニキビには光を照射することができません。
悪化しているニキビに熱が加わりやけど状態になってしまうと、さらに炎症が広がったり、感染がひどくなってしまう可能性があるからです。

 

ニキビがある部位に施術を行った場合、脱毛後はなるべくニキビがひどくならないように気をつける必要があります。
湯船にお湯をためて入ることは避け、シャワーでさっと汚れを流す程度にとどめておきましょう。

 

もしニキビの薬を持っているなら、感染防止のために塗布しておくと脱毛後のニキビの悪化を防ぐことができます。
せっけんでゴシゴシ洗ったり、タオルでこすることはやめ、優しく水分を拭き取る程度を心がけてください。

 

参考:施術後に脱毛サロンから出る注意事項


ニキビがあっても施術OKサロンがほとんど!まずはチェックしてもらおう

ニキビへの対応は各サロンによって違いますが、多くのサロンがニキビがあっても施術できるとしています。
ただこれは軽症の場合で、赤みがひどかったり紫や黒になってきたニキビは施術を行うと危険です。
担当してくれるスタッフが光の照射の可否を決めますから、ニキビがある場合はまずスタッフにその部位を見せて相談するといいでしょう。

 

もしやめておいたほうがよいと判断された場合は、ニキビにパッチを貼ったりクリームを塗ったりして光が当たらないような処置をしてもらえます。
また光を使わないハイパースキン脱毛という手法を行っているサロンなら、ニキビなどのお肌の状態を気にせず受けることができますので、検討してみるのもいいでしょう。

 

ニキビが悪化すると、痛みや痒みがあるのはもちろんのこと、色素沈着が残ってしまう可能性があります。
そういったトラブルをなるべく防ぐため、ニキビについては自己判断せず、サロンのスタッフと相談しながら行っていくことをおすすめします。

 

脱毛の施術前にニキビが治ることに越したことはありません。
脱毛をスムーズに進めていきたいなら、ニキビをなるべく早く治すためのケアにも力を入れるようにしましょう。

 

脱毛サロンの通い方Q&Aの関連記事

脱毛トラブルの種類と解決策を抑え失敗しない脱毛サロンを選ぼう

毛周期を無視すると損!脱毛サロンへ通うペースは毛の周期に合わせるべし

脱毛後に頭痛や吐き気が起こることってあるの?だるい、体調不良、めまいの症状が出た時に薬で対応はOKか?

脱毛は安全?副作用はないの?起こりうる体への影響と脱毛のリスク

アトピーや敏感肌でも症状を悪化させずに脱毛できるのか?おすすめなのは脱毛サロンorクリニック?

脱毛後の運動がダメな理由と脱毛サロンに行って何日後から運動を始めていいのか

産後の脱毛サロンはいつから通える?帝王切開や断乳が終わってない人はも同じタイミングで再開していいの?

なぜほくろは脱毛NGなのか?ホクロが増えたりとれたという噂の真実

剛毛過ぎて脱毛サロンに行くのが恥ずかしい人へ!毛深い人も効果を感じられる回数やお金は同じ?

産毛に効くの?薄い毛にもしっかり効果があるおすすめの脱毛サロン

脱毛と色素沈着や黒ずみの関係|できるのか?治るのか?黒ずまないための対策とは

ムダ毛の自己処理は危険過ぎる!潜むリスクやトラブル回避には脱毛サロンが最適な理由

脱毛してからタトゥーが正解!脱毛NG?タトゥーが消える?やけどする?一体どこまで本当か?

脱毛とニキビの関係|脱毛できる?脱毛すると増える?脱毛後できたニキビ(毛嚢炎)の対処法など

白髪は脱毛ムリ?気になるアンダーヘアの白髪をVIO脱毛してくれるサロンはあるのか?

日焼けや地黒は脱毛NG?どの程度の色黒までなら脱毛できるのか

脱毛とダイエット効果が期待できる?脱毛しながら痩せる夢のスリムアップ脱毛とは

ケロイド体質だと脱毛できないサロンとできるサロンの違いと医療脱毛の対応

 

脱毛とニキビの関係|脱毛できる?脱毛すると増える?脱毛後できたニキビ(毛嚢炎)の対処法など

 


全身脱毛が安い人気脱毛サロンの月額と最新キャンペーン比較表はこちらでチェック>>