脱毛時の光は絶対目に当ててはいけない

脱毛施術を受けると時に、光を肌に照射するとピカっとなりまぶしいなと感じた人もいると思います。
ピカっとなった光を少し見ただけではそこまで問題はないです。
ただし、その光を直接目で見ると危険を伴うこともあるのです。

 

脱毛サロンやクリニックでは必ず目の保護用のサングラスを付けるのでほとんど心配はありません。
気をつけなくていけないのは家庭用脱毛器を使用する時です。

 

家庭用脱毛器にも付属で保護用のサングラスがついていると思いますが、自分で施術を行うので、ついつい邪魔で外してしまう人もいるのです。
しかし、光が黒い目に当ってしまうと大変なことになるので、いくつか紹介します。

 

視力の低下が起きる

フラッシュ脱毛の光は、黒い色素に反応するようになっています。
目も黒目の部分に光が当たってしまうと、光が強く反応して大きなダメージを受けます。
場合により、視力の低下、最悪失明する可能性もあるので気をつけなくてはいけません。

 

チカチカと眩暈のような症状が起きる

光を直接見てしまった人の症状で目がチカチカして、眩暈のような症状が表れたという報告もあるので、注意しながら施術する必要があります。

 

このように、安易な気持ちで脱毛すると目に光が当たり、大きなトラブルになり兼ねないのできちんと保護用サングラスを掛けるなど注意事項を守りましょう。

 

また、顔が一番リスクが高まるので、より慎重に行うようにして下さい。
どうしてもサングラスを掛けてしまうと良く見えず、自分で脱毛するのが難しいような部位が出てきてしまいますが、そのような時や家族や友人にお願いするなど、無理して自分で施術しようとしないで下さい。

 

もし、直接目に光が当たってしまった時の対処法

黒目の部分に直接光が当たると視力低下や眩暈などトラブルが起きる可能性があると解説しましたが、ここでは、もし直接光を見てしまった時にすぐにできる対処法をお教えします。

 

すぐに目を冷やす

もし、目に光が当たってしまった時は、冷たいタオルなどで目を冷やしましょう。
あまりゴシゴシ擦らず、そっと目に当てておくようにして下さい。

 

その後、視野が掛けていたり、目が見えにくい、痛みがあるなどの症状がある場合には
すぐに眼科に行くことをお薦めします。

 

家庭用脱毛器を使用する場合は、上記のことの他にも光のレベルを強くし過ぎると肌トラブルにも繋がるので、十分気をつけて施術を行っていきましょう。

 

フラッシュ脱毛って目への影響はないの?

脱毛サロンなどでお手軽に行えるという理由から、フラッシュ脱毛を選ぶ方は多いのではないでしょうか。
ですが、フラッシュ脱毛を受けた方の中には、「施術中の光がまぶしい。目への影響はないの?」と不安に思われる方がいます。
フラッシュ脱毛は、正しい方法で行えば目への影響を心配する必要はないといわれていますが、間違った方法で行ってしまった場合では、目に悪影響が及ぶこともあります。

 

フラッシュ脱毛・目への影響について

フラッシュ脱毛行う際には、専用のサングラスやゴーグル使用するのが一般的です。それは、フラッシュ脱毛時の光が直接目に触れてしまうのを防ぐためです。
では、フラッシュ脱毛の光が、万が一直接目に触れてしまった場合では、目にはどのような影響が及ぼされる可能性があるのでしょうか。

 

まず、フラッシュ脱毛の原理を考えてみましょう。
フラッシュ脱毛は、ムダ毛の黒色に光を反応させる脱毛方法で、光の熱をムダ毛の黒いメラニン色素に蓄えさせることにより、少しずつ毛根細胞の働きを弱めて行く方法です。
ですが、光が反応するのはムダ毛の黒色だけではなく、黒目の黒色にも反応するという性質を持っています。

 

そして、黒目に熱が蓄えられてしまったらどのようなことが起こるのでしょうか。
それは、やけどが起こる危険性が高まるということです。
目がやけどを負う…考えただけで恐ろしい話ですが、万が一このようなことか起こってしまったら視力を失ってしまうことも十分に考えられます。

 

つまり、これを防ぐために光の照射中にサングラスやゴーグルを使用するということです。
また、まぶたを閉じていれば大丈夫なのでは…という疑問が持ち上がってくるかもしれませんが、光は光を透過する性脂質を持っていますので、まぶたを閉じていても、サングラスなどでガードしない限り、普通に皮膚を通り抜けて黒目に達します。